異校種交流

広い視野を持って 

 本校は、川島ひばりが丘特別支援学校、東松山特別支援学校との交流事業を行っています。こうした特別支援学校との交流を通じて、一人一人に多様な行動や表現があることを認め、「共に生きる社会」についての意識や態度を養うことを目的としています。

 障害のある児童生徒と一緒に活動したり、特別支援学校の先生方から直接話を聞いたり、家族の思いに触れたりすることで、一人一人が個性を持った存在であることを知り、自他の違いを認め、お互いを尊重し合う態度、相手のことを深く理解しようとする態度を育むことができます。
 また、本校は東松山市内の小学校や中学校、幼稚園などとも交流事業を行っております。その間、多くの生徒が教育や保育関係の道に進んでいます。これからも、本校の目指す学校像 『社会に貢献する女性を育て、地域の期待に応える進学校 』の実現のために、生徒の持つ可能性を広げる教育活動を展開してまいります。