2020年度以降教育実習について
 
県立松山女子高等学校教務部

1.受付に際しての条件

 a.原則として本校の卒業生であること。
 b.本県の教員(原則として高等学校教員)を強く志望しており、本県教員採用試験を受験すること。
 c.感染症疾病等身体上の異常がないこと。
 d.実習に関して、本校の指導に従えること。

 

2.本校における実習の実施期間

 原則として、6月(「前期」と呼ぶ)および9月(「後期」と呼ぶ)の一定期間とする。

 同期に複数の実習生がいる場合、開始日は同一とする。

 

3.応募の手順および注意事項

 a 実習希望者は、次の書類を用意する。
   ア 「教育実習申込用紙」 
     本校HPからダウンロードして使用するか、来校して受領し、必要事項を記入する。
   イ 作文
     「教員志望の理由及び抱負」を原稿用紙に2,000字程度でまとめる。

 b 実習希望者は、上記ア・イの書類を、実習実施前年の4月8日から同年4月24日までの間の平日に本校に届くよう、郵送(期間内必着)または持参する。受付期間外の申込は受け付けない。

 c 受入れの可否については、本校から本人宛通知する。受入れ対象者は、実習実施年の4月中旬に本校で実施するオリエンテーションに参加する。

教育実習申込書.pdf