松女の進路指導

進路の実現に向けて

 IT化、グローバル化、規制緩和などで仕事そのものが大きく変化しています。このような社会を主体的自立的に生きていく力を養うことが大切です。また、単に高校卒業時の進学、就職などの決定が高校の進路指導ではありません。進学し、職業に就いた後の継続的なキャリア形成を考えることが必要です。つまり、高校を卒業した後に本当のキャリア形成のスタートがあります。本校ではそのスタートのための準備を3年間のプロセスで支援していきます。自己実現に向けて進路研究を踏まえて、自分のことを分析したり、自分を取り巻く社会のことを考えたりしながら、将来に向けてどんな生き方をするのかを高校生として探っていきます。意義のある生き方、キャリア形成を考える過程で、必要な道を発見してください。

職業観の育成から進路意識の育成

 1 真の実力が求められる時代に

 就職が難しい時代である。社会が大きく変化している状況では「他人と同じことをする」生き方よりも、積極的に自己の力を活かし、前向きに発展的に行動することが大切である。つまり、次のような資質を身につければどんな場面でも活躍できるだろう。

●成し遂げようとする強い意志

●決してあきらめない精神

●柔軟に創意工夫する発想力や創造力

●前向きで積極的な思考など  
  これらを身に付けつつ、自分の興味・関心、適性を知り(自分を知る:1年次)、自分を取り巻く社会を知り(社会を知る:2年次)、将来に向けて3年次)準備を進めていくのが高校段階の学習である。
2 職業理解と自己理解・・・幅を広くして、将来就きたい職業を考えていこう

1年次には総合的な学習の時間に、「個性理解」「自分発見」「職業研究」「文理選択」「学問研究」の学習を進めていく。このときに注意したいのは「私の適性はこうだ。だから私に合っている職業はこれだ。」と幅を狭めないことだ。能力は発達する。やりたい職業が出てきたら、それに合わせた能力・スキルを習得することは十分可能であり、もっとも大切なことだからだ。自分の知らない職業も研究して幅広く捉えることが重要である。これからの時代には1度や2度の転職や再就職がありえるだろう。そのときに柱となるものを持っていたい。たとえば、プログラマー、次にアパレル、その次はドライバーというのではそれぞれに関連がなく、自己をステップアップさせることは難しい。自分を徐々に高め、目標に近づいていくために持てる柱を1本作ろう。
 
つまり、どんな職業に就くかを考えるときは、どんな生き方をするかということも考えていく必要がある。そんな生き方の柱を作っていこう。
3 進学して学びたいことを考えてみよう・・・志望校決定までの準備
 生き方の柱を作っていくときに、社会に出るまでに必要な能力を身に付けるための時間が学校である。何をどこでどう学び、自己を高めていくかを考えていかなければならない。進学にあたっては、自分がどんなことを学んだり研究したりしてみたいのか、高校生活を通して把握しておくことが大切である。広い視野でいろいろな学問について調べ、自分が興味を持って取り組んでいけるものを探していこう。

4 進学先への理解を深めよう・・・志望校決定

  将来の生き方の柱ができてきたら、具体的な進学先を考えていこう。大学に進学したい人を例にとってみると、全国に700あまりある大学の中から自分の目標に最も合ったところを見つけていくことになる。では、どうやって自分に合った進学先を見つけたらよいのだろう。仮に経済学を学びたいとすると、経済学を専攻できる学部・学科を設置する大学は全国にたくさんある。しかし、行なわれている教育活動は同じではない。また、理系の学問を専攻する場合、研究のための施設・設備の充実度によっても学ぶ内容は変わる。どこでどのようなことが学べるのかをしっかり調査・研究し、志望校を決めることが大切だ。志望校が決まったら、今度はそこで課される入試の中身を把握し、合格のための対策を立ててみよう。そうすることで、今何をするべきかが少しずつ見えてくるだろう。



進路指導計画
   
                                     

学年

    

学習指導の視点

進路指導の視点

具体的取組

①基礎学力確認

②学習習慣の形成

③基礎学力養成

④基礎学力の形成・定着

 

 

 

自己理解・自己啓発

職業観形成

文理選択

職業観→将来展望

進路意識の育成

学部・学科研究

志望校設定①

 

オリエンテーション合宿

個人面談

職業研究

講演会(職業観)

三者面談

オープンキャンパス参加

職業との関連付け

学部別ガイダンス

(学部系統別)

模試事前事後指導

 

①基礎学力充実

②基礎学力の確立・伸長

③基礎学力の補強

④応用・実践力養成

 

 

 

学部・学科の詳細研究

受験科目の確認

3年次の選択科目決定

大学研究

志望校設定②

大学の教育活動や

研究分野の調査

志望大学合格のための課題設定

受験態勢の確立

個別相談の充実

志望校審査会

分野別説明会

個人面談

受験科目・方法の調査

三者面談

オープンキャンパス参加

資料提供&自己調査

受験方法の研究

小論文指導・講演会

入試説明会

卒業生との進路懇談会

模試事前事後指導

 

 

 

 

①応用・実践力強化

②弱点克服

個別実践力(自学自習)伸長

 

 

志望校群の設定と課題の確認

個別指導の充実

志望校審査会

校内手続きの周知

推薦対策

受験校の設定

個別相談

各種説明会(進路別)

進路ガイダンス(個別相談)

個人面談

三者面談

体験入学等

進路別の出願指導

センター対策

個別試験対策

小論文指導・面接指導

センターリサーチ


       
進路行事

進路行事

「SDGsソーシャル・アクション・セミナー」(2)

 11月30日(土) 聖心女子大学で二回目の「SDGsソーシャルアクションセミナー」が実施されました。

 

 松女からは、3年生の2名が、引き続き参加してきました。

 

 最初に、一回目のセミナーからここまでの取り組みを、各校ごとに発表しました。

 

 発表の準備

  

 

 発表の様子

 

 各校ごとにラウンドテーブルで発表した後に、外部との連携に向けたアクションを行った

三校の報告がありました。大手スーパーやNPO、地域のデザイナーと連携を図った、

それぞれ魅力的なアクションの報告でした。

 

 その後、今回のセミナーのコーディネーターでもある、Think the Earthの上田さんから、

様々なアクションの事例を紹介していただきました。「発想を転換」することで、新しい

アクションを創り出すというお言葉が、とても印象的でした。

 

 最後に、ここまでの活動を踏まえ、もう一度自分たちのアクションをブラッシュアップさせ、

再び発表を行いました。

 

他校の生徒さんの質問記入

 

 二回にわたって、とても多くのことを学び、自分たちが出来る第一歩は何かについて、

真剣に考えるきっかけとなる機会でした。

 

 松女生のプロジェクトデザインマップ

 

 世界を変えるための第一歩に、自分たちが行うアクションが繋げられるよう、

セミナーの成果を活かしていきたいと思います。

 

 コーディネーターの先生方、2日間に渡り大変お世話になりました。世界を変える

小さな一歩に向けて、松女生はここからアクションに取り組んでいきます。