進路行事

進路行事

進路室からのお知らせ

松女生のみなさん

 

 臨時休業が続いていますが、元気に過ごせていますか。

 

 先日、みなさんに協力してもらった生活学習状況調査から、

家庭での様子や今の悩みなどが、具体的に把握できるように

なりました。

 

 その中で、3年生は進路面に不安を感じている人が多いことも、

改めて確認できました。

 

 そうしたみなさんの不安を少しでも解消できるように、

進路指導部でも様々な取り組みを進めていきたいと思います。

 

 まずは、みなさんからの質問への回答や、現時点での進路に

関する情報をまとめた進路室だよりを作成しました。ぜひ

読んでみてください。

 

進路室だよりvo1.pdf

進路室だより 3年生特別号.pdf

 

 みなさんからの今後の質問を受け付けられるよう、メール

アドレスも記してあります。一人で抱え込みすぎず、より良い

進路の実現へ向けて一緒に取り組んでいきましょう。

 

「ロイロノート・スクール」体験会

 このような社会の状況のため、生徒は学校に不在ですが、教員は来年度へ向けた

準備を進めています。

 

 本日は、その一環として、「ロイロノート・スクール」の体験会を開催しました。

 

 本校に今年度後半から導入されたタブレットを活用し、生徒一人一人がより主体的に

学習に取り組むことが出来る授業クラウドです。新しい入試制度も見据えた、授業に

おける取り組みの一つです。

 

 

 

 多数の機能を体験し、来年度からの授業をより良くするための

学びを行うことが出来ました。

 

 社会がこのような状況で、これからの見通しも不透明な中ですが、

私たちに今出来ることを日々取り組んでいます。

 

 生徒の皆さんも、今は体調管理に充分注意し、自分に出来ることに

しっかりと取り組んで生活してください。

 

日本科学未来館ワークショップ

2月14日(金) 昨日の「総合的な探究の時間」で、1年生に発表をさせてもらった

3年生のうち、5名が「日本科学未来館」のワークショップに参加しました。

 

本日の内容説明

 

お題カードを一人ずつ引きます

 

それぞれのお題に回答中

 

回答の共有

 

館内の展示を見学

 

展示の見学をふまえ、つながりを考える

 

各グループの発表

 

本日の振り返り

 

あるグループが作成した「つながりシート」

 

進行を務めてくださった、科学コミュニケーターの神沢先生、

科学未来館スタッフの皆様、一日大変お世話になりました。

参加者一同、科学の面白さや自分との意外なつながりを、再発見

することができました。

 

学校の外にある学びの場に目を向けると、自分の視野や興味の輪が、

何倍にも広がりますね。次は、どんな学びの場に出会うことができる

のでしょうか。

 

神沢先生の科学コミュニケータートーク

総合的な探究の時間

2月13日(木) 1年生の「総合的な探究の時間」に、進路が決定している3年生がお邪魔しました。

 

活動を進めた7名は、それぞれの進路先の分野もバラバラです。進路決定後に、現在の世界で起きている

児童労働の問題を知る機会がありました。それをきっかけに、実態を詳しく調査し、この問題を一人でも

多くの人に知ってもらいたいという思いで、今日まで活動してきました。

 

本日は、1年生の授業の貴重な時間をお借りして、この思いを伝える場をいただくことができました。

 

3年生が作ったスライドの一部です。

 

 

 

1年生は、3年生からのメッセージを、一人一人が自分の視点から受け取ってくれていました。

3年生のメンバーは、その様子を見て、大変嬉しく感じていました。

 

松女生の大きな強みが、感じられた1時間でした。思いというバドンを引き継いでくれた後輩が、

自分たちの未来へ向かって力強く進んでいく、そんな良さを持つ学校が、松山女子高校です。

 

さて、次はどんな素敵な活動が生まれるのでしょうか?

センター試験リアルタイム演習会

センター試験まで2週間を切りました。

 

3年生は、センター試験当日と同じ時間割で、直前演習会を実施しています。

多くの3年生が、自分の目標に向けて、年末年始も朝から晩まで勉強を続けてきました。

 

将来に悩みながら自分と向きあい、今日まで積み重ねてきた努力は、必ず実を結びます。

 

最後の一人の進路が決まる日まで、頑張る松女生を我々も全力で応援します。