事前・事後研修

活動報告

コロンビアインターナショナルスクール学校見学


6月24日(火)、コロンビアインターナショナルスクールへ学校見学に行きました。
”コロンビアのいいところ”や”自分の学校とコロンビアの授業の進め方の違い”を感じながら授業見学をさせてもらいました。コロンビアの学生と交流する時間もあり、”Don't be shy”と励まされた松女生は、自分の考えを何とか相手に伝えようとジェスチャーも交えながら会話をしていました。
自分たちと同年代の子が母国語ではない英語を使って勉強をしている様子や、流暢な英語でコミュニケーションをとっている姿を間近で見て、とてもいい刺激を受けたようでした。


<生徒の感想>
・すごく楽しかったです。オーストラリアの授業でも、このような感じで進んでいくのかと少し心の準備ができました。分かったことは、意外と聞き取れるということ。完璧には分からなかったけど、ジェスチャーや声でニュアンスは伝わったと思います。そしてきれいな英語にしなくても大丈夫だということ。テストでは冠詞をつけないと減点になるけど話すときにはそこまで神経質にならなくていいんだと少しほっとしました。

・”In English”と言われて英語しか話せない状況になると、頭が真っ白になって言葉が出なくなってしまった。簡単な英語で話してくれているのは何となく理解できたけれど、話す、言葉にする、と言うことが全然できないと思った。一緒にオーストラリアに行く友達と、英語しか使わない会話の練習をしたいです。

・同じ日本人なのに、コロンビアの生徒はネイティブのように英語を話し、当たり前のように英語で授業を受けて・・・自分たちでは考えられないことが彼らの日常であり当たり前の生活になっているということが、私にとって驚きと尊敬の気持ちでいっぱいになりました。
彼らと英語で話したことが本当に楽しくて、英語が話せるって本当にいいなと思いました。8月のオーストラリア研修に向けて、もっと積極的に話せるようにならないと思いました。英語の先生と英会話をするなどいろいろなことにチャレンジしたいです。