活動実績

新規掲示板1

レシーブについて

1、個人の技術の向上

  強打、ゆるいボール、オーバーレシーブ、片手レシーブ、ローリングしながら、など

2、二人、三人レシーブ・自分の位置取り、カバーする力 

  他の人と一緒にプレーしても個人の技術が下がらない

3、ネットを挟んでラリーする

  イン・アウトの判断・ネットを意識しての練習

4、ブロックとのコンビをつくる

  ブロックを必要としないのか、1枚・2枚ブロックにするのか。

  ブロックを何枚にするのかの判断。

 

第一は、個人の技術の向上です。今日は休み、明日からまたがんばろう!

体力がついてくると技術もアップします。地道にトレーニングをやろう。

もっと上を目指そう!

ここが限界なのか?そんなはずはない!

「限界突破」

練習試合で負けてばかりいると「負け癖」がついてしまう。

 

過去の結果は変えられない。しかし、未来は変えられる。

 

これからできることは、過去の良いイメージを、頭の中で再現する。

そして、未来の成功している自分をイメージする。(イメージトレーニング)

 

どんな夢を見ようと夢は自由。

いい夢みよう。!

夢より高い理想の現実はない。

 

一人で見る夢はただの夢

 みんな(チーム全員)でみる夢は現実となる

 

まだまだ、できること 伸びしろはいっぱいある。

もっと上を目指そう。

球技大会

16日月曜日から18日水曜日まで3日間、学年ごとに球技大会を実施。

球技大会実行委員を中心に準備し運営した。

 

開会式、球技大会進行、閉会式 全て生徒中心に行い無事終了!

 

試合前のあいさつ・握手:正々堂々と競技することを誓う

試合後のあいさつ・握手:お互いの健闘に感謝

 

こうした学校行事を通してクラスの団結や友達関係を深めてほしいと思う。

 

実行委員のみなさんは、準備をしっかり行い

自分たちで相談し、ルールの変更や問題点なども解決できた。

解らないことは、先生方に相談し充実した球技大会になりました。お疲れ様でした。

また、バスケットボール部のみなさんにも感謝いたします。審判ありがとうございました。

 

体育館:バスケットボール

グランド:ドッジボール

本を読もう

松風に載せてもらった文ですが、

 

伝説の灘高校、国語教師の「学問のすすめ」橋本武です。  

橋本先生が国語教師として長年「やってきたこと、こんなことを考えていた」ということが紹介されています。

国語の授業は「銀の匙」を使って行った。

1冊の本の内容を深く掘り下げることにより、生徒に興味を持たせ

自分からその内容を調べることにより学習するという方法です。

まさに今の時代に行っている授業形態をだいぶ昔から取り入れて実行していたといえます。

徹底的に調べるそれは、若いときにこそしておきたい貴重な体験です。

楽しいことは忘れない。自分で疑問を持ち、調べる習慣が身についてくると、調べること自体が楽しくなります

そうすると、幅広い分野で自発的に学ぶようになり、その学びを確実に自分の力にできるということです。

横道は学びの宝庫。何気ない日常生活の中にも学ぶことが無限にあることを教えてくれます。

受け身で臨んだ授業の内容はほとんど忘れてしまいます。

自分が能動的に取り組んだことはいつまでも覚えています。

これから皆さんが高校生活を送るとき、受験勉強をするうえで必要なヒントが数多くあると思います。

また、年を取ってから「面白そう」「やってみたい」と思うのなら挑戦する

好きなことをやり続けると人生がさらに輝きます

百歳を超えてからの考え方や取り組みについても書かれています。

人生の生き方についても参考になることがありますのでぜひ一度読んでください。

 

同じやるなら笑顔で元気よく!

毎日の生活の中で

「やりたいこと」と「やらなければならないこと」がある。

 

大人になると特に後半の「やらなければならないこと」が結構おおくなる。

どうせやるなら気持ちよく、笑顔で元気よくやろう!

 

やる気なさそうにしていると周りの人たちに迷惑をかける。

疲れている人は、積極的休養も必要です。

「積極的休養」保健の1学期の問題に出しました。

 

期末考査も残り半分、身につく勉強法を自分なりに探して試験に臨もう。

①覚えたことを書く、話す。

②文字をゆっくり丁寧に書く。

③良い姿勢を保つ。(集中でき、疲れにくい)

④頭は冷やし、身体は温める。

⑤自分なりの集中できる時間帯・場所を探す。

 

どうせやるなら、明るく楽しい気持ちでがんばろう!

 

 

免疫力を高める

季節の変わり目は体調を崩しやすい。

免疫力を高め、風邪予防・体調管理。(薬に頼らない)

 

免疫力を高めるために必要なことは、

①適度な睡眠をとる

②継続的な運動を心がける

③とにかく笑う

④ストレスをためない

⑤体温を上げる

⑥バランスの良い食事を心がける

などが大切です。できることからやっていこう!

 

今日は、体温を上げて免疫力アップ。

体温が1℃下がると免疫力は30%低くなるといわれています。

血液の中に免疫機能を持った白血球が存在する。

体温が上がることにより、血液の流れがよくなり

この白血球が外界からのウイルスや細菌を死滅させ、免疫力が高まります。

 

体温を1日1℃上げる生活をしよう

1、入浴

2、スクワット(適度な運動)

3、白湯を飲む

4、ギャバを多く含む食品を食べる(玄米・かぼちゃ・ジャガイモ・トマトなど)

5、腹巻き、湯たんぽ

 

体温を上げることにより基礎代謝も上がり、太りにくいからだになり

ストレスに強く病気にかかりにくい健康な身体になるそうです。

これから寒さの厳しい季節をむかえます。

こころも身体も温かくして健康に過ごしましょう!

 

期末考査中!

今日は、2学期期末考査初日、調子はどうですか?

2学期の中間考査で成績が一気に上がった生徒がいたので今回も楽しみです。

50分勉強したらその後10分は、アウトプットしよう。 ワンセット(50分+10分)

1時間のサイクルの中に必ずアウトプットを入れることによって成果があがる。

みんな頑張ってます。

HR棟に向う通路・職員室に向かう通路にも机が並び先生方が対応しています。

また、管理棟3階に自習室もあり学校での勉強も可能です。

このテスト1週間前やテスト中の勉強する姿勢が続けばすごいのにね。

小学生との合同練習

今月初めの日曜日、初めて小学生と合同練習を行った。

この日は、部員全員が大活躍!

2年生も修学旅行から帰ってきてたので高校生18名、

小学生は、1年生から6年生で17名。

一人ずつペアになって、ボール遊びや技術練習、

生徒が笑顔で楽しそうに教えて、優しいお姉さんに見えた。

小学生も明るく元気、短い時間でしたがどちらも成長したと思う。

最後に5,6年生チームとネットの高さ2mで乱打。

下級生は、バドミントンコートで高校生と組んで4:4、 ネットを挟んだ練習でとても盛り上がった。

松女部活動 大活躍!

今年度も部活動の関東大会、全国大会出場の懸垂幕ができあがったので掲げていただきました。

これは、神代さんにほぼ全部お手伝いいただき完成したものです。

こんなに綺麗になりました。流石です。本当にありがとうございました。

 

全国大会出場

陸上競技部  :書道部  :筝曲部  :放送部  :音楽部

 

関東大会出場

ソフトボール部  :水泳部  :空手道部  :文芸部

 

松山女子高校の部活動は、運動部・文化部ともに活躍しています。

来年こそ、この空いているところにバレーボール部の名前も入るよう頑張りたいですね!

今年、2回目のひまわり。 体育準備室でまだ綺麗に咲いてます。

がんばれ!

 

新しいベンチコートも大活躍!

寒くなってきました。ベンチコートが大活躍です

2年生が沖縄に修学旅行中だったので1年生のみ。体育館2F.

黒が今まで着ていたベンチコート、赤が新しく作ったものです。

両方  どちらも大切に使用します!!!

マネージャーの活躍 その1

トレーニング後、おにぎりを食べ体力づくり。秋から始め、継続中!

今日は何の味?

 

9月からマネージャー新聞が発行されています。

1号のテーマ:「睡眠」、「季節の行事」

2号のテーマ:「虫歯の原因と予防」、「本を読むことで得られる効果」

3号のテーマ:「効率的な勉強の仕方」、「観察力を身につける方法」

 

全てA4 1枚にまとめられています。 私も勉強になります。

4号は、どんなテーマで発行されるのか楽しみです。

 

 

最後は、自分で決断すること

何かを決めるということは、勇気が必要だ。

決めるのに必要な情報を集める。

相談する、そして最後に自分で決断する。

その結果については、自分の責任で対応する。

 

失敗してもいい。

しかし、同じ失敗を繰り返すな!

他人の責任にしないこと。言い訳するな。

 

「言い訳は、聞き苦しいばかりでなく、

       同じ失敗を繰り返す もととなる」

 

いつもこころにおいている言葉です。今日もがんばろう!

寝ていますか?

睡眠は「その日あったことを脳に定着させる」と言われています。

 

夜の睡眠、昼寝(15分くらい)の時も

「寝る前に暗記をして、起きたらすぐ復習する」

という習慣は、非常に効果的な勉強法といえる。

 

逆に徹夜での暗記は、かなりの労を使うが8時間たてば9割忘れてしまうそうです。

 

睡眠時間も入れて学習計画を立てよう。(「休憩・食事もトレーニングのうち」と同じ)

あやふやなところ迷っているところを確実にする。

これをやるだけでもだいぶ違うと思います。

復習をしっかりやり、自信を持って試験に臨もう。

 

中間考査、明日最終日です。今日は、しっかり寝てください。

昔の人は、よく言ったもんだ

学問の大禁忌は、作輟なり・・・吉田松陰

 

わたしたちがこれから進もうとする道で

絶対にやってはいけないことは、

やったりやらなかったりすることだ

 

みなさんは、これをどう解釈・理解しますか?

部活動でも勉強でも普段の生活に当てはめて考えてみてください。

自分なりの答えがでて役に立つと思います。

バレーボール北部地区予選 組合せ

第72回全日本選手権バレーボール大会北部地区予選 組合せ

 

期   日  令和元年10月26日(土)、27日(日)

会   場  小川高校

会場会館 8:30  試合開始 9:30

 

10月26日(土) 会場は、小川高校

1回戦  松山女子  対  深谷  Aコート、第3試合・・・11:30ころ

2回戦  松山女子  対  成徳深谷・東農大第三・桶川の勝者  Aコート、第四試合・・・12:30ころ

 

10月27日(日) 会場は、小川高校

準決勝 Aコート、第一試合・・・9:30から

決 勝  Aコート、第三試合・・・11:30ころ

 

いよいよ来週末は、試合になります。

この中間考査をしっかり頑張って、気持ちよく練習そして試合に臨もう。

頑張る力、挑戦、諦めないことは勉強も運動も同じです。

 

笑顔の大切さを知る

3年生は、入試に向け面接練習をしている。

落ち着いて話すためにも、相手(大学・専門学校・会社など)の情報を

頭に入れておくことは必要です。

 

しかし、面接で大切なことは第一印象です。

笑顔、良い姿勢、礼儀正しさ、目の輝き、声のはり、言葉づかい、身だしなみ。

 

本当にやる気があるのか、

困ったときにどんな対応ができるのか、

頭の中で覚えた言葉だけでなく、こころの底からでてくるやる気を表現しよう。

 

就職したらほとんど初めてのことばかり、

初めてという同じ立場に立った時大切なことは何か?

どんな人が教えやすいかを考えてみよう。

 

解らないことは、はっきり解りません。

しっかり考えた後に答えよう。

質問するときも、自分なりの考えを持って質問しよう。

 

みなさんは、普段から部活動や学校生活でそれを自然とやっています。

自信を持ち、いつもの笑顔で面接に臨んでください。

きっと大丈夫!

 

地球の不思議!?

赤道上や赤道の近くでは、普段われわれが経験できない

    観たことがない現象が起こるようです。

 

卵が釘の上に立つ。(重力が真下に働くから)

 

北半球では、桶にためた水を下に流すと渦は反時計回り、

南半球では、時計回り。

赤道上では、渦をまかない。そのまま下に流れていく。

 

赤道上は、まっすぐ歩けずふらふらしてしまうそうです。

 

不思議です。行ってみたくなりました?

この赤道も昔は300mくらいずれていたところがあったそうです。

忘己利他

こんな言葉を見つけました。

 

もうこりた(忘己利他)・・・伝教大師 最澄のことば

「己(おのれ)を忘れて他(た)を利(り)するは、慈悲の極みなり」

 

自分のことは後にして、まず他人に喜んでいただくことをする。

それは、仏教の行いで そこに幸せがあるのだという。

 

我欲が先に立つような生活からは、幸せは生まれないということ。

 

なかなかできないことだと思いますが、

自分の行動によって他人が喜んでくれれば

喜びは、自分と他人の2倍です。

 

幸せの倍返しをしていこう!

子供のころの心

忘れかけていませんか。

小さいころ親に「これ何?あれ何?どうしてそうなるの?」

みんな純粋な目で、見たこと感じたこと不思議に思ったことを聞いていた。

勉強しているという感覚はまったくない。

 

だんだん大人になってくると、

「まっ、こんなもんだろう。それは無理だ」など

解ったふりをしたり、今までの経験が邪魔をして

「できそうもない」と諦めてしまうことが多くなる。

 

思い出してみよう、子供のころの心。

いろいろなことに興味・関心があるのは、素晴らしいことです。

教科書に載っていない・・・発見があるかも!?

今日は、10月10日・・・晴れました。 写真のこねこに名前はありません。