活動実績

1. 本を読もう

投稿日時: 2019/12/18 mj-vb

松風に載せてもらった文ですが、

 

伝説の灘高校、国語教師の「学問のすすめ」橋本武です。  

橋本先生が国語教師として長年「やってきたこと、こんなことを考えていた」ということが紹介されています。

国語の授業は「銀の匙」を使って行った。

1冊の本の内容を深く掘り下げることにより、生徒に興味を持たせ

自分からその内容を調べることにより学習するという方法です。

まさに今の時代に行っている授業形態をだいぶ昔から取り入れて実行していたといえます。

徹底的に調べるそれは、若いときにこそしておきたい貴重な体験です。

楽しいことは忘れない。自分で疑問を持ち、調べる習慣が身についてくると、調べること自体が楽しくなります

そうすると、幅広い分野で自発的に学ぶようになり、その学びを確実に自分の力にできるということです。

横道は学びの宝庫。何気ない日常生活の中にも学ぶことが無限にあることを教えてくれます。

受け身で臨んだ授業の内容はほとんど忘れてしまいます。

自分が能動的に取り組んだことはいつまでも覚えています。

これから皆さんが高校生活を送るとき、受験勉強をするうえで必要なヒントが数多くあると思います。

また、年を取ってから「面白そう」「やってみたい」と思うのなら挑戦する

好きなことをやり続けると人生がさらに輝きます

百歳を超えてからの考え方や取り組みについても書かれています。

人生の生き方についても参考になることがありますのでぜひ一度読んでください。