活動実績

1. ミスを減らす

投稿日時: 08/27 システム管理者
昨日、3校。今日は4校の中学生と練習試合を行った。
勝敗の決め手は、ほとんどがミスの多さだ。

松山女子高校は、特徴のある選手、攻撃力がある選手がいないので
目立ちませんが「ミスの少ないチーム」を特徴としていきたい。

基本技術を鍛えるとともにこころも鍛えなくてはいけません。

バレーボールは、ミスの多いスポーツです。
しかし、1つのミスで負けることはありません。
そのミスをどうやってチームでカバーするか、
精神的なダメージを減らせるかが大切なところです。

「思い通りにならない、予定通りにならない、カバーし合う」
普段の大人の生活と同じです。
我慢することや自分のことより子供たちのことを優先することも必要なんです。
こんなことを生徒が理解し考え方が変われば、
この目に見えないこころの成長がみえてきます。

同じミスを繰り返さないこと、
チームに間抜けな選手をつくらないこと、
ルールをしっかり理解することなどやらなければならないことが多い。

ミスをしないようにいつも7割、8割程度の力でプレーしていては伸びない。
ミスを恐れず挑戦する気持ちでプレーする日も必要です。
ほとんどの時間をこちらに使います。

新人戦までは、相手のミスで得点することが多い。
しかし、インターハイ予選あたりではミスで得点をすることは少なくなる。
そうすると必ず接戦になる。
その時焦らず・・・「競っても負けない・競ったら負けない・こころが必要です」
毎日、2点の取り方を意識してゲームに臨もう。
バレーボールは連続得点されなければ、絶対負けない競技。

どのチームも工夫・努力の継続が必要です。がんばろう!