松女Topics

松女Topics

 『1年生オリエンテーション合宿』その② ~いよいよ松女生!?~

  1年生オリエンテーション合宿その② ~いよいよ松女生!?

 オリエンテーション合宿2日目、9時からは英語、国語、数学の勉強法。、10時からは、河合塾「学びみらいPASS」によるアセスメントのR-CAP(適性及び興味関心を測る)LEADS(学習生活パターンを測る)を実施しました。これらは、河合塾と京都大学との共同調査に基づいて開発されたキャリアアシスタントプログラムです。客観的に自分を知る手がかりになると同時に、進路意識を高める機会ともなります。

 そして、いよいよ合宿も終盤。昼飯前の漢字テスト。皆必死に取り組んでいました。昼食後には、合宿の総仕上げ。そう、校歌指導です。入学式翌日より取り組んでいる校歌合唱。合宿最後の合唱で、「松女生」としての認められる合格点はでるのでしょうか? 校歌合唱は、コンクールではありません。「上手さ」を競うのでなく、「それぞれ個々の思いを競うもの」なのでしょう。新入生の松女を思う思いが、校歌合唱に込められれば聴いている人に感動を与えられる素晴らしいものとなるのでしょう。音楽の吉田教諭から、校歌の歌詞に関する説明がありました。どのような思いで校歌がつくられたのか、この歌詞に込められた思いとは等々、このように歌詞の意味を考えることで一年生たちの松女生としての意識が高められたのではないでしょうか。最後、クラスごとに肩を組んでの大合唱。肩を組んで、大きな声を出して歌っている一年生の姿は、まさに松女生そのものであった。合宿最後に、松女生としての校歌合唱。お見事です。しかし、「ホンモノ」の松女生は、まだまだ奥は深いもの。少なくとも、後夜祭での門外不出「松女ダンス」の洗礼を受けることなくして「ホンモノ」の松女生とは語れないのかもしれません。

 いずれにしても、12日でしたが、合宿お疲れ様でした。最後にビブリオバトルのクラスチャンプが表彰されましたが、これからも、いろいろなことに元気よく果敢にチャレンジする松女生としての活躍を期待しています。



0

さぁ~、始まりました!! 『1年生オリエンテーション合宿』

    『1年生オリエンテーション合宿』 ~ホントの松女ライフが始まります~

  4月13日(金)、松女の1年生は1泊2日のオリエンテーション合宿が始まりました。場所は熊谷市にある「ホテル ヘリテイジ」。森林公園駅から貸し切りのバスで来た生徒、保護者の車で来た生徒と、ホテルまでは人それぞれですが、みんな少し大きめのバッグを持って会場に入っていきました。少し緊張で顔がこわばっている生徒、もう友達ができてわいわい言いながら、開校式を待っている生徒。開校式の後は、恒例の音楽科吉田みどり先生による挨拶練習と校歌指導。わずかの時間でしたが、まさに日本一の校歌合唱が歌えるようになりました。続いて、柿崎進路指導主事による進路講演会がありました。松女での進路に対する心構えを教えてもらいました。昼食の後、いよいよクラスごとに分かれ、「国・数・英の勉強方法」と「ビブリオバトル」が開始されました。皆さんの高校生活への不安が、きっとこの合宿で期待へと変わっていくことでしょう。
   
   
0

新入生から「松女生」へ~STEP② 生徒会入会~

 新入生から「松女生」へSTEP② 生徒会入会~

 412()5,6限、体育館において新入生対象に生徒会主催のオリエンテーションが行われました。 

 このオリエンテーションのプログラムは、①生徒会入会式 ②生徒会説明会 ③部活動紹介の三つの柱により構成されています。

 まずは、生徒会入会式。生徒会本部役員全員が紹介され、生徒会長吉田さんからのあいさつ、そして新入生代表の入会宣言。これで、一年生も立派な松女生?となったのでしょうか。一年生代表の小池さんの宣言は力強くとても立派なものでした。これからの松女生としての活躍が大いに期待できるものです。




  続いて、生徒会説明。ここでは、生徒会主催行事についてそれぞれの担当からの説明がありました。会長の吉田さんからは生徒総会について、各行事は松女祭、体育祭、球技大会、予餞会について、その他生徒会選挙や部活動の入部についての説明がありました。

 最後は、部活動の紹介です。運動部、文化部あわせて32の部活動紹介が行われました。松女では全員部活動加入制をとっています。高校生活における部活動の意義は本当に大きいものです。様々な技術やスキルの向上以上に、同じ目標をもった仲間とのお互いに切磋琢磨しあうことで生まれる絆や努力。一所懸命やればやるほど、君たちの成長を支える血となり肉となる「頑張りぬく力」が育まれるものです。礼儀やマナー、優しさや思いやりなど人として大切にしなければならないものを涵養するにはもってこいの場なのです。仮入部期間などを通して、自分自身の成長につながる部活動を選んで、全精力を注いでみましょう。

0

新入生から松女生へ~STEP① 校歌練習 ~

 新入生から松女生へ  STEP校歌練習 ~

 410日、入学式から一夜明けて、新入生から松女生としての初めての学校です。LHRに課題テスト、各種オリエンテーション等々と本当に中身の濃い一日だったのではないでしょうか。中学時代には最上級生として堂々たる姿で学校生活を送っていたのでしょうが、高校に入学すると新入生としてまだまだ硬い表情がなかなかとれていない様子も見てとれます。

 これから、新入生から松女生への道のりが続いていきます。本日のオリエンテーションでは、合宿やビブリオバトなど「新入生」から「松女生」にむけてのステップロードについての説明があったかと思います。めまぐるしい日程の中においても、「松女生」にむけてのステップを着々と歩み出してほしいと思います。 

 今日は、そのステップ①として二時間にわたり校歌練習がありました。松女に限らず校歌はいいものです。卒業して何年たっても、同窓生との絆を確かめ合うものとして、おやじギャグではありませんが、校歌の効果は抜群です。男子校などで見られる肩を組んで校歌を歌う姿などは、母校に対する愛着や自らのアイデンティティーとして、仲間同士の連帯感、一体感の象徴として校歌が重要な役を果たしているといえるのではないでしょうか。

 松女では、校歌に対する思いはもちろん、そのクオリティーは県内で群を抜いているものと言えます。新入生の皆さん、松女生への第一歩としては、やはり校歌を歌いきることがマストでしょう。

 環境の変化の中で、疲れもたまり大変かと思いますが、松山女子高校創立93年にわたる多種多様な洗礼を存分に楽しんで味わってください。


0

第73回 入学式

 平成30年度 埼玉県立松山女子高校

 第73回 入学式

 49()平成30年度 埼玉県立松山女子高校 第73回 入学式が挙行されました。当日は、天候にも恵まれ、ご多忙にもかかわらず東松山市立南中学校長 市川校長先生、石川PTA会長、新 後援会長、坂本同窓会帳をはじめとするたくさんのご来賓並びにたくさんの保護者の皆様方ご臨席のもと盛大に開催され、322名の松女生が誕生いたしました。

 真新しい制服に身を包んだピカピカの松女生たちは、緊張した面持ちの中にも松女生活にかける意気込みや思いがその引き締まった表情にあらわれ、凛とした空気に包まれたまさに松女ならではの素晴らしい入学式となりました。

 音楽部員による校歌合唱の洗礼を受けた新入生たちは、一様に松女生活が始まりを感じるとともに本当に松女生になるんだという実感と自覚を感じたのではないでしょうか。

 新入生代表の「誓いの言葉」では、「入学したことがゴールではない。ここからが始まり。松女生活の中で新しいことに全力で挑戦し、多くの経験を積み充実した高校生活を送ることで立派に、松女の伝統と歴史を自らの意志で引き継ぎ凛として輝く女性として成長します」と力強く誓っていました

 新入生の心意気、とても立派です。これからの3年間、苦しいことも辛いこともたくさんあるかと思います。しかし、新入生の君たちには、大きな夢と今日ここに入学を迎えた322名の仲間がいます。皆で、支えあい力を合わせてお互いがよりよく成長できることを心より願っています。


0

平成30年度1学期始業式 

 松女 始業式 ~平成30年度のスタートです~

 49()に、着任式及び始業式が行われ、松女の平成30年度がスタートしました。この4月より新たに松女に着任した先生方の着任式では、松女生の新着任の先生方に対する表情や眼差しが、とても優しく温か味のあるもので皆さんのウェルカムの気持ちが十分伝わっていました。さすがです。

 そして、始業式。式典で聴く松女名物の校歌合唱は何度聞いても感慨深いものです。やはり、松女を思う気持ちのあらわれなのでしょうか。新着任の先生方への松女流「おもてなし」なのでしょうか、さすがです。1年前、この松女に着任した当時の気持ちが沸々とよみがえり、心が癒されるとともに初心に戻るというか、当時の衝撃が今も思い出され胸がとても熱くなりました。

 始業式では、「ワンランク上の自分を目指して本気になろう」と呼びかけました。「本気になる」とはどういうことなのか。「本気になる」にはどうしたらいいのか等々。話を聞いている松女生の表情を見ていると、今年も「やってくれる」ことを十分予感させる気迫と目力を感じました

 生徒指導主任からは、社会の成り立ちや社会における関係性について触れ、ワンランク上の自分を目指すためにも当たり前のことは当たり前に、もっと広い視野と高い目標をもって高校生活を送ることとの話がありました。最後には、春休み中に行われたソフトテニスの北部地区大会第3位の表彰が行われました。おめでとうございます。
 このように、新3年生、新2年生いずれも今年にかける意気込みが感じられ、凛として張りつめた空気の中で始業式が行われました。

0

松女2018「夢灯路」

 東松山 夢灯路 

2018  松女地域貢献事業の始まりです

 今年で第14回目となる東松山「夢灯路」。上沼公園と下沼公園を結ぶ小路を灯ろうの明かりで結ぶ「東松山夢灯路」は、古くから残る路地に、約1,500基の灯ろうが優しく灯り、何とも幻想的な雰囲気を醸し出します。また、このイベントは埼玉県の「あしたのまち・くらしづくり活動賞」の優秀賞をも受賞したそうです。

 このイベントのオープニングを飾ったのが、松女吹奏楽部です。夢灯路中央会場において、40分もの演奏で会場をイベントを盛り上げていました。

 そして、いよいよ17:00灯篭への点灯の時間を迎えました。森田市長、山口衆議院議員、横川県議会議員など

そうそうたる顔ぶれの中にあって紅一点。松女吹奏楽部の部長が居並ぶ勇士たちと肩を並べてお祝いの言葉と点灯を行いました。この夢灯路の点灯とともに、松女の平成30年度の地域活動がスタートします。まさに、これからの松女の灯りを灯してくれたような気がします。吹奏楽部の皆さん、ありがとうございました。

 ちなみに、この東松山夢灯路は「縁結び」の春祭りだそうです。演奏に励んだ吹奏楽部の皆さん、今年はきっと素晴らしい「縁」が訪れるのではないでしょうか?


0

ペルーソフトボールチームとお別れです!!

  日本とペルーの本当に楽しい交流でした。
 
  3/23(金)から東松山市に滞在していたペルーソフトボールU-15代表チーム「AELU」は、26日(月)午前松女を離れ、大阪に移動していきました。今後は、大阪で都道府県中学選抜大会視察、名古屋で日本リーグ開幕戦視察、そして関東にもどり東京ディズニーランド観光と忙しく日本での日程をこなしていくとのことでした。

  
     満開の桜の木の下で記念撮影             本校ソフトボール部員による見送り
 

0

ペルーソフトボールU-15代表チーム 来校2日目

  交流戦開幕セレモニー

  3月24日、東松山市長 森田光一様も来校され、盛大に交流戦開幕セレモニーが開催されました。いよいよグラウンドで交流大会、本校校長による始球式の後、ペルーソフトボールU-15代表チーム「AELU」は深谷市立幡羅中学校と対戦。その後、埼玉中学校選抜、松山女子高校と対戦しました。 

   
  東松山ゆるきゃら「まっくん」と「あゆみん」    日本一の本校音楽部が校歌とペルー国歌       本校校長による歓迎のあいさつ
  がお出迎え                    を合唱披露


   
  東松山市長による歓迎のあいさつ             ペルー選手団のお礼のことば            書道部パフォーマンスの後、写真撮影

   
    いよいよ交流戦開始(幡羅中と)           本校校長による始球式                ナイスピッチング!!

  
      陽気なAELUの選手たち           松女も対戦しました(松女の勝利)
0

ペルーソフトボールU-15代表チーム 来校

   2018 国際親善ソフトボール交流大会 in 東松山
  
 3月23日、ペルーから松山女子高校に、ソフトボールU-15代表チームが来校しました。ペルーソフトボールU-15代表チームのコーチを務めているのは、本校の元体育教員の西村一哉氏。西村氏は今、海外青年協力隊(JICA)の一員として、ペルーでソフトボールを教えています。日本は過去のオリンピックでメダルを獲得しているソフトボールの強豪国、そんな日本でソフトボールを学びたいというペルーソフトボールU-15代表チームの願いで来日し、西村コーチとの縁で、本校松女で歓迎セレモニーと交流戦を行っています。

 《3/23 午後》
   
        茶道を体験するチームの選手たち                   チームを歓迎するダンスを披露する生徒会の生徒達と見学する選手、関係者      

   
   筝曲部の演奏を聴く選手たち                      空手道部の演武もありました                  お礼にペルーのダンスを披露してくれました

   
    本校生徒も交えてみんなでペルーダンス                     最後は書道体験                   なかなか苦戦しているようです
0