松女Topics

松女Topics

 「留学生に学ぶ」 

  「留学生学ぶ」 世界へはばたけ 松女生~

 本日、オランダからの留学生のTim Huskesさんが来校し、一年生の英語の授業時間を活用して、英語科高須教諭とTT多文化共生社会に向けた国際理解学習の一日特別講師とを務めました

 ティムさんは、かつて日本に留学して日本文化に魅了され、オランダのライデン大学の大学院生として日本文化を研究しています。現在は早稲田大学に留学して修士論文に向けた研究を続けているそうです。研究テーマは「日本人のプライバシーとその保護」。日本人と欧米の人たちとは、かなり意識のレベルが違うのではないでしょうか。現在は、研究資料及びデータの収集中であり、今後分析と考察を行う予定だそうです。何とも楽しみな論文となるのではないでしょうか。頑張ってください。

 さて、今日の授業では、オランダクイズやオランダあるあるなど松女生にとっては日常からはなかなか学ぶことのできない異文化の在り様などを知るとともに異文化に触れる貴重な機会となったのではないでしょうか。

 生徒たちからの質問にも見られたように、海外から見た日本及び日本人など一歩外から客観的に日本人である自身を見つめなおす、グローバルな視点から日本及び日本文化を、そして自分を再発見することができたのではないでしょうか。

 グローバル社会の進展が声高に叫ばれる中で、一方では「アメリカ第一主義」にみられるような反グローパリズムの世界的潮流など、世界の動向は不確実で先行き不透明な時代となっています。こうした中で、松女生としては否応なしに確実に私たちの身の回りでも進展しているグローバルな社会、多文化が共生する社会の形成に向けて、より広い視野をもって自身の目を多種多様なものへとフォーカスしていくことが求められています。

 これからの時代、異文化アレルギーではやっていけないでしょう。~外国人」などといって及び腰に下を向いている時ではありませんよ。「いろいろな国の人たちと直に触れ合い、交流をすることで知らず知らずのうちに、自身の考えや見方がより広がりを見せるのです。こうした日常の様々な機会を活用して、東松山から埼玉県、関東、日本そして世界へと視野を広げて「一歩前へ」と自身の成長につなげていきましょう

 最後に、留学生のTim Huskesさん今日は大変世話になりました。修士論文楽しみにしています。これからは、オランダの日本文化研究者として、ますますのご活躍を祈念しています。どうもありがとうございました。

 

0

松女吹奏楽部 第31回 新春演奏会

 松女吹奏楽部 第31回 新春演奏会

 114()東松山市民文化センターで松山女子高校吹奏楽部の「第31回ニューイヤーコンサート」が開催されました。ご多用の中、たくさんの方々にご来場いただき本当にありがとうございました。

 さて、演奏会ですが第一部では、現在ではサーカスマーチとしても有名な「剣士の入場」から始まり、流麗な旋律美に春の喜びが感じられる「春の声」、そして映画「ルパン三世 カリオストロの城」で使用された音楽メドレー「カリオストロの城」High lightsつづいて、イタリアの大衆歌謡、世界最古のコマーシャルソングとも言われている「フリクリ・フニクラ狂想曲」、戦国時代の武将鍋島直茂をテーマとした「和」を感じさせる力強い曲、一部最後は、交響詩「海」より「風と海との対話」でした。いずれも、聞いている皆様に素晴らしい感動を届ける素晴らしい演奏でした。

 そして第二部、「MGWO TV」と称し、生徒たちによるドラマ仕立て演出でNHK朝ドラや大河ドラマ主題曲を中心とした演奏でした。ブルゾンちえみやおニャン子スターをモチーフとした演出にも十分楽しませてもらいましたが、30歳男性ドラマーU氏の指揮者ぶりが、初夢をかなえたサプライズとして感動モノでした。ご来場いただいた皆様、演奏会はいかがでしたでしょうか。音楽には、様々な魅力があります。本日の松女サウンドを聞いた皆様方にとって2018年はきっと素晴らしいパフォーマンスとともに「ワンダフルな年」となることとご祈念申し上げます。

 最後になりましたが、本日の演奏会にお越しいただいた皆様と開催にあたり惜しみないご協力をいただきました関係者の皆様にあらためてお礼申し上げます。


0

 「箭弓稲荷神社から福を運ぶ!」

 

 「箭弓稲荷神社から福を運ぶ!」

  2018年元旦 テレビ埼玉 新春特別番組 Live出演!

  松山女子高校の書道部がテレビ埼玉の平成30年元旦新春特別番組にライブ出演し、パフォーマンスを披露いたしました。

 この番組は、元旦の朝11:00から放送された箭弓神社からのライブ中継。人気お笑いコンビ「カミナリ」の進行でお笑いとゲーム感たっぷりに東松山の魅力を紹介する番組。この中の「高校生が挑む!」というコーナーにおいて、松女書道部がパフォーマンスを披露しました。

 当日は、快晴で絶好の初詣日和。たくさんの初詣客で箭弓神社も賑わっていました。番組では、お笑いコンビカミナリの茨城弁たっぷりの進行とともに箭弓神社の宮司さんから、神社にまつわるお話や東松山市の伝統芸能やグルメ紹介、羽根つきゲームなどが行われました。間近で見た、まなぶくんとたくみくんの掛け合いはテレビで見るほど「ドツキ」の激しさは感じられず、とてもソフトな雰囲気を醸し出して、その表情からも二人の人柄を感じさせる新春番組となっていました。

 生放送で時間のしばりが厳しい中、いよいよ、松女のパフォーマンス。番組ディレクターからのカウントが始まり、緊張感もたかまってきましたが、そこは百戦錬磨の部員たち。見事に素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。

2018年、元旦。まさに、「眩しい朝日を浴びて 新しい年の幕開け」を迎えた書道部員の皆さん、「夢に向かってまっすぐ突き進み 自分らしい色で 輝く一年に」になること間違いなしです。

 今年もよろしくお願いします。



0

松女ソフトボール部 ウィンターキャンプ

 めざせ 「SOFT JAPAN」(日本代表) 
~ 松女ソフトボール部 ウィンターキャンプ 開催 ~

 冬季休業に入り、松女ソフトボール部では、全国からたくさんの強豪校が参加するウィンターキャンプを開催しています。これは、顧問の畝森教諭が松女に赴任して以来、開催されている今年で七年目を迎えるキャンプです。

 本日も、昨年のインターハイチャンプの千葉経済大学付属高校をはじめ、全国大会常連校の数々。そして、地元の東松山南中や県内の小学生クラブチームに至るまで200名以上もの選手たちが、松女のグラウンドいっぱいに元気よく躍動しています。

 練習の様子を紹介すると、ピッチャー、キャッチャー、内野、外野とそれぞれに分かれて練習プログラムが組まれ、ポジションごとに練習をしています。キャッチャーの守備練習。そのフットワークはさすがでした。ピッチャーの投球練習。そのスピードもこれまたすごい。これまでもインターハイに出場したソフトボール部の試合を見たこともあるが、こんなにスピードを感じたのは初めてであった。続いて内野。グラウンドの四面を使っての守備練習。そのフットワークと身のこなし、そして強肩。いかにも地肩の強そうな選手が何人もいた。最近の高校生のボール投げの弱さ(肩の弱さ)がまるでウソのように軽快に力強いスローイングを見せていた。最後に外野手。隙間を縫うようなスペースでの守備練習。ちょっと狭かったのかもしれませんが、落下地点へのスピードはさすがでした。

 とにかく、グラウンドいっぱいに選手たちの声が響き、高校生の活気と熱気、そして何より目指しているものへの高貴なやる気を感じる素晴らしい練習光景でした。選手同士が教えあう姿。相互に緊張感を持って張り合う姿。トップレベルの高校生と一緒になって必死に練習する中学生や小学生の姿。これだけ多くの選手たちが、それぞれに分かれて個々に練習しているにもかかわらず、不思議とグラウンド一杯に一丸となっている一体感を感じる光景でした。

 今回集まっている選手たちは、みんな全国の舞台での活躍が期待される選手たちです。ゆくゆくは、オリンピックや世界選手権といった世界の舞台で活躍する人材もいることでしょう。それだけに今回のキャンプで要求される水準は相当高いものになるはずです。

 こうした高いレベルで練習できる松女ソフトボール部員たちは、是非トップレベルの選手たちとのプレーや交流を通じて、一回りも二回りも大きく成長することができるだろう。高校生を代表する選手として、技術・体力はもちろん、選手としての高い意識、それにふさわしい言動、生活態度等々。学ぶべき、見習うべきところはたくさんあるのではないだろうか。技術・体力だけでなく、ソフトボールに向かう高い意識、それにふさわしい立ち居振る舞い、言動。こうしたことができる選手であることが一流アスリートの使命と責任なのでしょう。

 「全国の舞台」で戦うために、選手として、チームとして、何を考え、戦えばよいか、県内でプレーするのとはまた違った「全国基準」の発想や思考。君たちには、「松女ソフトボール部」としての「あるべき姿」や高い意識と自覚に基づく言動、常にすべての松女生の「目標」「お手本」となり、強いだけでなく、誰からも「愛される存在」となることが求められているのだろう。

 やはり、全国基準の松女ソフトボール部は違うもんだと誰もが実感する日も近いものと確信している。

いつも、明るく元気よく、あいさつの励行を怠らないソフトボール部員たちへの応援メッセージ。

 踏み出せ その「第一歩」を。頑張れソフトボール部!


0

防災避難訓練を行いました。

      松女で火災発生! みんな避難だ! (もちろん、訓練です)

 12月21日午前、松女では防災避難訓練を行いました。「午前9時5分関東地方に地震が発生し、食物実習室から出火」の想定。火災発生から約7分でグラウンドに全員避難完了。さすが松女生、素早い避難ができました。消防署員の指導講評、校長講話の後、1年生は救助袋降下訓練、2年生は消火訓練、3年生は防災DVD視聴を実施しました。1年生からは、「めっちゃ楽しい」という生徒から「静電気が強い」という生徒まで多様な感想が聞けました。2年生は消火のしかたを教えてくれた消防署員がイケメンなので、大盛り上がりでした??。万が一のためには日頃からの訓練が本当に重要です。生徒のみなさん、肝に銘じてくださいね。

   

0

体験報告会と壮行会を実施しました!!

    「青鳥小学校との交流会」体験を全校生徒の前で発表しました。
 11月9日(木)に行われた青鳥小学校との交流会を、全校生徒の前で発表しました。低学年、中学年、高学年、なかよしの4グループに分かれて、スライドを使いながら発表しました。小学生とのふれあいが全校生徒に伝わるように、丁寧によく考えた報告会になりました。

    ビブリオバトル全国大会に出場する橋本雪音さんを激励しました。
 全国高等学校ビブリオバトル(活字文化推進会議主催)が平成30年1月28日(日)に早稲田大学で行われます。本校2年生の橋本雪音さんは、関東甲信越大会で見事優勝し、全国大会に出場します。校長、生徒会長の激励、今西教諭による紹介が行われた後、橋本さんは、全校生徒の前で全国大会での発表内容を披露してくれました。橋本さん、全国でも頑張ってください。

   
0

表彰 2017 ~はばたけ松女生~

 表彰 2017

  ~はばたけ 松女生~

 今年の松女生の活躍を讃える部活動などの表彰式を行いました。今回は、音楽部の全国大会金賞(大阪市教育委員会賞)や空手道部、風間玲実さんの世界大会個人優勝など全国をそして世界を舞台に活躍する松女生の雄姿が目を引く年であったように思います。また、筝曲部、文芸部、書道部が来年の全国総文祭への出場が決まるなど、松女部活動の活躍が代を超えてその伝統が受け継がれ今の活躍に至っているといえるのでしょう。

 今日の表彰式では、松女の勢いを象徴するかのように、表彰を受ける多くの生徒たちでステージが大いに賑わいました。

 
 
 なお、表彰を受けた生徒たちは、次の通りです。本当におめでとうございます。これからも、ますます頑張ってください。
 
0

自転車安全教室開催

 自転車安全教室開催

  松女からスタート!~「高校生自転車マナーアップのムーブメント」~ 

 12月19日(火)、自転車安全教室が体育館において行われました。伝達講習を受講した代表生徒の二年生の安藤さんと大屋さんによる講習会が開催されました。

 代表生徒からは、交通安全に係るクイズなどを交えながら、交通事故の現状や事故対策、そして事故を未然に防ぐための五原則について説明がありました。

 自転車事故の死傷者数は、全体として年々件数は減少しているものの埼玉県は、全国ワースト3位だそうです。携帯やスマホを使用しながらの運転やヘッドホンやイヤホンを使用しながらの運転は、完全な違反行為で、最も危険な行為となりますので絶対にやめましょう。

 そして、松女からスタートさせましょう。 「高校生自転車マナーアップのムーブメント!」を。 

 交通事故防止 5つの行動(埼玉県教育委員会)

◆もしかして危険予測 ◆とまる一時停止 ◆みる安全確認 ◆まつ安全確保 

◆たしかめる再確認


0

松女書道ガールズが熊谷にやってきた!

 松女書道ガールズが熊谷にやってきた!

  ~知っていますか「ラグビーの精神」~ 

  1217日に、熊谷スポーツ文化公園においてラグビートップリーグの東芝ブレイブルーパス vs近鉄ライナーズ、 パナソニックワイルドナイツ vsリコーブラックラムズの二試合が行われました。埼玉県・熊谷市は、皆さんも知っている通り、ラグビーワールドカップ2019の開催都市の一つです。

 このラグビーワールドカップ2019を盛り上げるためにも、トップリーグの会場企画としてラグビー協会から、松女に試合会場での書道パフォーマンスのオファーが来たのです。このラグビーワールドカップ2019の開催に向けて、協会はもちろん、地元熊谷市もあの手この手で「ラグビーの街」PRに乗り出しています。当日は、市のマスコットキャラクターニャオざね埼玉県のコバトンなどたくさんのマスコットキャラクターたちも大集合して会場を盛り上げていました。

 さて、その会場イベントのメインを担う松女書道部の面々。いざ、熊谷へ。それにしても、当日の天気は快晴だったものの、気温はとても低く、また、熊谷特有の赤城おろし?が、遮るもののないラグビー場広場にゴーゴーとうなり声をあげてわが書道部員に襲い掛かってきました。おそらく、手はかじかんで思うように動かなかったのではないかと思いますが、こうした状況の中でも、本当に立派に笑顔を絶やさずにパフォーマンスを演じ切りました。本当にお疲れ様でした。協会の会場責任者の方もとても喜んでいました。

  なお、今回のパフォーマンスで書かれた「ALL FOR ONE,ONE FOR ALL」という言葉。意味はご存知のとおり「一人は皆のために、皆は一人のために」ですが、これは、トライするために自分を犠牲にし、つないで味方を生かす、そしてそのボールをもらった人は皆の犠牲のおかげであると噛み締めながら前に進むラグビーの精神を意味します。仲間意識や感謝の気持ち。奉仕の心に自己犠牲の美学。こうした精神は、「凛として輝く」松女生のメンタリティーと合致するものなのではないのでしょうか?

 ラグビーワールドカップ2019の開催を迎える埼玉県民として、「ノーサイドの精神」とともにラグビーの美学として君たちにも知ってもらいたいと思います

 これからも、パフォーマンス披露はまだまだ続いていきます。体調管理も含め、素晴らしいパフォーマンスを期待しています。

 最後に、保護者の方々も今回の寒さの中でのサポート本当にありがとうございます。皆さんのサポートと一つになってのパフォーマンスです。これからもよろしくお願いいたします。   


0

医療系説明会を開きました!!

      医療系系統別説明会開催 現場の先生や本校OGに話を聞きました

 松山女子高校では、例年50名近くの生徒が、医療系(看護、理学療法、臨床検査等)に進学しています。12月16日(土)午後、キャリア教育の一環として、病院関係者、保健関係者、栄養関係者をお招きして、医療系の系統別(職種別)説明会を開きました。生徒約50名、保護者約30名が参加しました。前半は、東京医療学院大学入試センターの田中裕之先生に医療系の仕事内容について、職種別に説明していただきました。いろいろな職種がある医療系ですが、各職種の違いと必要な要素について、非常にわかりやすく解説していただきました。後半は、看護、リハビリ(理学療法、作業療法)、医療技術(臨床検査、診療放射線、臨床工学)、薬学、栄養学の5分野に分かれて、現在その仕事に就かれている方々(本校OG含む)に、実際の現場についてのお話をしていただきました。参加した本校生徒・保護者も積極的に質問していました。お忙しいところ、参加してくださいました講師の皆さん、ありがとうございました。生徒にとって、進路を考えるうえでとても有意義な説明会になりました。心から、感謝申し上げます。

   
0