松女Topics

松女Topics

いよいよ進路本番です

 いよいよ進路本番です

 夏休みを前に3学年進路懇談会

 1学期の期末考査も終わり、夏休みを前に三年生はいよいよ進路に向けて本格的に動き出します。そこで、本日14:30より紫雲閣において、学年懇談会を行いました。

 暑い日差しの中で、100名をこえる保護者の方にご参加いただきました。ありがとうございます。懇談会では、石川PTA会長と校長のあいさつの後、桂田学年主任より学年の近況について、進路指導主事の柿崎からは、進路実現に向けての心構えについてのお話がありました。最後に、学年進路担当の関根教諭より今後の進路に向けた動きや注意事項、最新の進路情報などについて詳細な説明がありました。

 休憩の後には、6名の卒業生を囲んでの懇談会として、進路指導部の浅見教諭の巧妙な司会のもとで和やかな雰囲気で懇談会が行われました。

 5人は、今年の卒業生。1人は現在大学4年生。卒業後の進路も国立大学、私立大学文系と理系、専門学校、看護学校、公務員と多様な進路先の卒業生に来ていただきました。

 「なぜ、その進路を選択したのか」「今の状況は」「高校時代にやっておくべきことは」等々。実体験の言葉として、十分参考になるものだったのではないでしょうか。

 忙しい中でお越しいただいた卒業生の皆さん、ありがとうございました。また、保護者の皆様方には暑い夏となりますが、体調管理に気をつけていただき、お子様が有意義な夏休みとなるようサポートをよろしくお願いいたします。本日はありがとうございました。


0

ビブリオバトルに修学旅行事前学習

学期末 特別行事

 ビブリオバトル 修学旅行事前学習

 1学期の期末考査も終わり、各学年ではみの学期末の時間を活用して行事を実施しています。1学年ではビブリオバトル、2学年では修学旅行に向けた事前学習を行いました。

 ビブリオバトルとは !!?? HPをご覧の方のために、簡単に説明しますと、ビブリオバトルは本の紹介コミュニケーションゲームです。「人を通して本を知る.本を通して人を知る」をキャッチコピーに今や日本全国に広がっています!公式ルールは

1.発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる.

2.順番に一人5分間で本を紹介する.

3.それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う.

4.全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員で行い,最多票を集めたものをチャンプ本とする.

 たったこれだけのルールで,遊べば読書がスポーツに変わる!本を読むのが楽しくなる!いろんな本に巡り会えて,どんどん世界が広がる!といわれているものです。松女では、2年前に全国大会に出場したすぐれものもいたのです。紹介の際にはシンプルに本とカウントダウンタイマー。パワーポイントなども利用せず,生の語りでの紹介。とても暑い体育館の中で、熱い?バトルが展開されました!皆さん大変お疲れ様でした。 

 2年生は修学旅行の事前学習。今年の修学旅行は沖縄です。「なぜ沖縄なのか」、沖縄修学旅行にはたくさんのテーマを上げることができるでしょう。民間人を巻き込んだ国内最大の地上戦が行われた沖縄だからこそ、戦争の恐ろしさや平和の尊さを学び、命の大切さ』『他者・弱者への思いやり人間関係構築力』『心・絆を感じとってほしいと思います。

 また,沖縄ではエイサーや空手、琉球舞踊、組踊など海外交流や海外文化の影響を色濃く受けて独自に発展してきた琉球文化に触れることができます。三線の音色やリズムにのせてダイナミックに太鼓をたたきながら踊ったり歌ったりするエイサー、琉球音階の独特の音色を聞けば沖縄に来た~!っと実感するひと時を過ごせるはずです。せっかく沖縄まで行くのですから、是非貴重で有意義な体験となるようしっかりといい準備をしてください。

0

「松女の在りよう」~保護者や地域とともに~

 

保護者や地域とともに!

 1回学校評議員会及び学校評価懇話会 開催

 711()学校評議員会及び学校評価懇話会が開催されました。この学校評議員制度は、学校が、保護者や地域住民等の信頼に応え、家庭や地域と連携協力して一体となって子どもたちの健やかな成長を図っていく観点から、より一層地域に開かれた学校づくりを推進していくために、開かれる会議です。そして、各委員の方々は県教育委員会より委嘱を受けた評議員の方々で構成されます。

 これにより、学校は、学校運営に当たり、学校の教育目標・計画や地域との連携の進め方などに関し、保護者や地域住民の意見を聞くとともに、その理解や協力を得て、特色ある教育活動を主体的かつ積極的に展開していくことが求められています。

 一方、学校評価懇話会は、学校において、当該年度の教育活動等の達成状況に関して、学校自己評価の結果を踏まえた意見交換等を通じて評価を行い、学校の自律的改善を図るため、学校関係者及び生徒から構成するこの会議で学校関係者評価を行うものです。つまり、学校が、教育活動その他の学校運営の状況について自ら評価し、その結果を踏まえて、保護者、地域住民、学校評議員等の学校の関係者からの評価を行うとともに、その結果を公表することにより、学校としての説明責任を果たし、学校の教育力の向上を図っていくものです。

 さて、今回の会議では高大接続としての入試改革に係る学力の向上や女子校離れが進む昨今の中学生のニーズを踏まえた生徒募集などについて松女の課題として意見交換が行われました。

 こうした中で、松女生の素晴らしさや学校としての様子や素晴らしい取組などが社会一般に知られていない。女子校に対する誤ったイメージが先行している。など今後の学校としての情報発信のあり方に工夫改善が必要であるとの意見が多く出されました。その一方で、「松女の良さ」とは何なのか。「松女入学への決め手は」等々、参加した生徒たちへも委員からたくさんの質問が出されていました。また、生徒からも、学校に対する要望や取組に対する意見などかだされるなど、限られた時間ではありましたが、生徒も含めた有意義な意見交換、懇談の場となったのではないかと思います。少し時間が足りないぐらいだったのではないでしょうか。

 いずれにしても、評議員や懇話会委員の皆様及び生徒代表としての生徒会役員の皆におかれましては、ご多用の中本会議にご出席をいただきありがとうございました。本日いただいた多くのご意見を参考として松女がますます発展していくよう学校運営に努めてまいりたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いいたします。


0

学ぶ 松女PTA 高P連関東大会 参加

 学ぶ 松女PTA 関東高等学校 神奈川大会 参加~

 77() 8()の二日間にわたり、関東高等学校PTA連合会神奈川大会がパシフィコ横浜を会場として開催されました。

 大会には、石川PTA会長、植竹副会長、山田副会長そして校長榎本の四名が参加いたしました。大会初日には、テレビ等で活躍している羽鳥アナウンサーの講演があるためか、例年以上の4500名をこえる参加者で会場は熱気あふれる場となりました。

 羽鳥アナウンサーは「聞く力、話す力」と題し、司会進行役の石川アナウンサーとのインタビュー形式で行うという独特な講演会でした。アナウンサーという職業は、事実を正確にわかりやすくといった「伝える力」に秀でていると思っていたのですが、今回の講演会を聴いて感じたのは、間の取り方や場の雰囲気や空気を読み取る力、切り返しなどといったその場その場の状況に迅速に対応する多くの引き出しを持つことが聞く力、話す力につながっていくということを強く感じました。教員は、ついつい教えたがる、伝えたがる習性が身についていますが、そこで一歩タメことの大切さを痛感いたしました。

 二日目は、分科会です。「学校教育とPTA」をテーマとする第一分科会に全員で参加しました。この分科会では、埼玉の大宮東高校PTAと群馬県の前橋工業PTAの発表がありました。

 大宮東は、体育科を中心にとても活気のある学校です。過去にはプロ野球選手を多数輩出、最近ではリオ五輪バドミントンのメダリスト奥原選手も卒業生です。何と言ってもその施設設備は老朽化しつつあるというものの、県内一の立派なものでした。さすが、運動部加入率80%をこえる学校です。PTA活動も学校行事へのサポートは手厚く体育祭には1000人をこえる保護者の方々が応援サポートに来校するそうです。

 前橋工業は、専門高校としての特色ある取組がたくさんありました。なかなか身近に見る機会がなかった工業に関する活動は、「ものつくりマイスター」としての自覚と誇り職人気質として十分うかがえる見事なものでした。

 最後に、夕方には第三部として埼玉県の西部地区、北部地区のPTAの方々と交流を図ることができました。ご多忙の中、ご参加いただいたPTA役員の皆様、二日間にわたる研修お疲れ様でした。多くの学校のPTA活動を参考にして、「どうせやるなら、日本一楽しく」をモットーにこれからも松女PTAの活動にご協力よろしくお願いいたします。


0

「いざ!」 という時のために

    救急法講習会  「いざ という時のために~ 
  長かった?期末考査も本日で終わりました。皆さん、テストの出来はどうだったのでしょうか?いよいよ夏休みが目前となってきました。三年生は進路に向けての本格的な準備段階となります。一方、1,2年生においては部活動と勉強との両立に向けて一層の努力を期待しています。

 さて、本日13:00からは、東松山消防署救命救急隊員の方にお越しいただき、救急法の講習会を行いました。部活動を中心に約50名の生徒が参加して、5グループに分かれてそれぞれ講習を受け、AEDや人工呼吸、心臓マッサージなどを実際に行いました。

 いざ、という時には誰もが慌て動揺してしまうものです。こうした動揺した状態において救急措置を行わなければならないのです。そのためにも、心肺蘇生の手順や応急措置については、どんな時でも体が自然に動くほどしっかりと身につけておくことが必要なのです。

 二時間にわたる講習。皆、真剣に取り組んでいました。テスト終了後のひと時にご苦労様でした。

 最後に、お忙しい中、講師としてご対いただいた救急隊の皆様方、大変お世話になり、ありがとうございました今後もよろしくお願いいたします。

0

東松山市立東中学校 高校説明会

 「地域とともに!」 

 東松山市立東中学校 高校説明会

 75日、松山市民活動センターにて東松山市立東中学校主催の高校説明会が行われました。参加した高校は、私立高校も含めて近隣の7校です。

 本校からは、藤井教頭先生がパワーポイントを活用して説明を行いました。持ち時間がわずか10分という短い限られた時間での説明で大変だったと思いますが、松女の素晴らしさを中心に中学生や保護者の方々に伝わったのではないでしょうか。

 東中学校の生徒の皆さんには、是非一度松女にお越しいただいて、松女の「落ちついた環境」や「凛とした空気に包まれた校風」「清楚で気品あふれる松女生」といった松女独特の雰囲気を感じ取っていただきたいと思います。

 これから、高校入試に向けて勉強大変かと思いますが、高校は、皆さんの人生の中でとても重要な時期です。目指すは第一志望です。体調には十分気をつけて頑張ってください。皆さんのご健闘をお祈りします。 



   
0

東松山市立北中学生の高校訪問

 

地域ととも! 

 東松山市立北中学生の高校訪問

 73日、東松山市立北中学校の女子生徒全員、およそ80名が高校訪問として松山女子高校を訪れました。

 松女においては、校長より「高校を選ぶ」~松女の学び~と題したお話と北中を卒業した本校の生徒からの話。その後に4班に分かれて本校の授業見学及び施設見学を行いました。

 多くの生徒の皆さんは過日行われた松女祭に来場していただいたようでしたが、授業を見学するのはおそらく初めてだったのではないかと思います。高校の授業はどうだったのでしょう。また、高校生の雰囲気、松女の雰囲気は、皆さんにどう映ったのでしょうか。松女の「落ちついた環境」や「凛とした空気に包まれた校風」「清楚で気品あふれる松女生」といった松女独特の雰囲気を感じ取っていただけましたでしょうか。

 高校は、皆さんにとって初めて自ら選んで進学する学校となります。いくつもの学校を自分の目でしっかりと見て、自分自身で高校の空気をしっかりと感じ取ってほしいと思います。そうした中で、最終的に「松女」を選択してもらえると幸いです。

 これから、高校入試に向けて勉強大変かと思いますが、第一志望を目指して頑張ってください。皆さんのご健闘をお祈りします。 

 最後に、お忙しい中、この高校訪問をご計画いただいた校長先生始め学年の先生方ありがとうございました。また、中学校へお伺いさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

0

祝インターハイ出場

  祝 インターハイ出場 !

 616日より関東高等学校陸上競技大会が千葉県において開催されました。松女からは、400mで境野桃春さん、三段跳びで北川莉奈さんが出場し、見事二人とも入賞を果たし、インターハイ出場を決めました。さすが、松女アスリート。おめでとうございます。

 インターハイは、729日から82日にかけて、山形県NDソフトスタジアム山形にて行われます。皆さん是非力強い応援よろしくお願いします。

         
0

” Toys Kingdom 2017” in Matsujo-Fes

68回 松女祭

” Toys Kingdom 2017” in Matsujo-Fes

68回松女祭にお越しいただいた皆様、誠にありがとうございます。

今年のテーマは「Toys Kingdom ~おもちゃの国へようこそ~」でした「おもちゃの国なんだから子どもしか楽しめないんでしょ?」と思っている貴方。いえいえ、イベントも充実していて、誰もが子どものように無邪気に見て、楽しんで、遊べるFantasticなプレイランド。そう、これが今年のToys-Kingdom 2017」なんです

今年の松女祭には本当にたくさんの皆様方にご来場いただきました。日曜日の一日だけで4000人近くのゲストの皆様にお越しいただきました。松女生一人ひとりの力を結集して時間をかけて創り上げたこのMatsujo-Fesはまさに手作り感満載だったと思います1000名近い松女クリエイターが大集結して展開されるこの2日間のFesご来場いただいた皆様方へ。今年の松女祭では、「凛とし輝く」松女生がキャストとしてゲストの皆さんをFantastic世界にご案内できていましたか? そして、松女クリエイターの祭典をご堪能できましたでしょうか?

文化祭のフィナーレを飾る音楽部、書道部、吹奏楽部の総勢250名を超える三部合同パフォーマンスは見事、圧巻でした。そして、最後の最後松女生だけの後夜祭。門外不出の「松女ダンス」に松女生が一つとなりました。それは、来年もよろしくお願いいたします。 

最後になりましたが、今回の文化祭開催にあたり、同窓会や後援会並びに保護者の方々や地域の皆様から惜しみないご協力をいただき、心より御礼申し上げます。


   


0

部活拝見 「バスケットボール インハイ予選」

 部活拝見 「バスケットボール インハイ予選」

 616() 本庄シルクドームにてバスケットボールのインターハイ県予選が行われました。相手は、上尾鷹の台高校。近年では県大会常連校で強豪校です。

 ゲームの前半はロースコアの展開。いい調子で相手との距離感をとっていました。しかし、時間がたつにつれて、徐々に運動量やディフェンスの圧力などが影響して、ゲームの主導権を握られ、苦しい展開を迫られました。最終的に、試合には負けてしまったものの、松女生の粘りが見えた一戦だったように思います。

 最後には一緒に観戦していた一年生の保護者の方と「一所懸命頑張る高校生の姿は、素晴らしい」と松女生への思いを共有することができました。

 最後に、お忙しい中、応援いただいた保護者の皆さんありがとうございました。また、これからも、松女生の活躍に大きなご声援、よろしくお願いいたします。

0