松女Topics

松女Topics

令和3年度第76回入学式

令和3年度入学式校長式辞(抜粋)

 

 この春爛漫の佳き日に、令和三年度 埼玉県立松山女子高等学校 第七十六回入学式を挙行できますことは、本校にとりまして、この上ない喜びとするところでございます。

 晴れて入学を許可されました三百二十名の新入生の皆さん、御入学おめでとうございます。私たち教職員および在校生一同、心から歓迎いたします。

 皆さんの本日の喜びは、皆さん一人ひとりの努力の成果であることはもちろんですが、これまで応援してくださった保護者の皆様、御指導された先生方や周囲の多くの方々の励ましや協力があってこその賜物です。今ここにいることを当たり前のことと思わず、感謝の気持ちを決して忘れずに、高校生活の第一歩をしっかりと踏み出してもらいたいと思います。

 本校は大正十五年に「松山町立埼玉県松山実科高等女学校」として開校し、今年で九十六年目を迎える伝統校です。卒業生も二万五千人を超え、多くの諸先輩方から継承される歴史や文化の数々。そして、多くの先達によって長年にわたり築かれた良き伝統を受け継ぎ、「凛として善美に輝く女性」を育てることを松山女子高校の校是として全職員が一丸となって取り組んでいます。

 皆さんの高校生活を充実させるために、実践してほしいことを二つお話しします。

 一つ目は、「自分の可能性を信じて、努力を継続する」ことです。京セラの創業者である稲盛和夫は「自分の置かれている状況に不平不満の声をあげるばかりで、その可能性に対して心を閉じていると、人生の本当の恵みを見極めることはできない」と言っています。可能性は「未来の能力」です。今の力でできる、できないではなく、新しいことや困難なことに挑戦し努力を続けることで、自分の可能性を伸ばし、様々なことをやり遂げてください。

 高校生活の基本は「学習」です。「学ぶ」とは自ら考え気づくこと、「学びが定着する」とは自らの言葉できちんと説明できることです。日々の授業に真剣勝負で取り組み、自分を鍛えてください。「部活動」では、高い志を掲げ、大勢の仲間と切磋琢磨してください。高校の「学校行事」は、皆さんが中心となります。仲間と協力して、積極的に参加してもらいたいと思います。これらに全力で取り組むことが、皆さんの夢や目標の実現につながります。

 二つ目は、「人との出会いを大切にする」ことです。皆さんは、これから、本校で多くの人と出会います。人と人の出会いは、自分自身だけでは成し得ない大きな実りを生みます。人はどんな小さなことから運が開け、どんな短い出会いから新しい道が見つかるかわかりません。この高校生活で、様々な偶然や出会いが重なり合う「時」が数多く訪れるはずです。人の立場を思いやり、支え合う気持ちを忘れることなく、ここに集う仲間と人間関係を深めてください。多くの人との出会いから、自分自身を磨き、松女生の備えるべき勤勉、勇気、気品、誠実、忍耐、感謝の資質を身につけていってください。

 次に、保護者の皆様に申し上げます。お子様の御入学、誠におめでとうございます。お喜びはひとしおのことと拝察いたします。家庭教育と学校教育との関係は、車の両輪に例えられます。学校と家庭がそれぞれの役割をしっかり果たし、協力・連携して教育にあたることが何よりも大切なことです。私たち教職員一同、御期待に沿えるよう懸命に努力いたします。御家庭におかれましても、成長と変化の著しいお子様の努力の様子を、時には励まし、時には叱り、温かく見守っていただきたいと思います。

 結びに、新入生の皆さんが安心して充実した高校生活を送られることを祈念し、式辞といたします。

 

0

修了式

 3月24日(水)8時50分から修了式を実施しました。感染症拡大防止により、放送室から音声による校歌合唱と校長室からZoomを利用して、校長講話、生徒指導主任の話、進路指導主事の話、教務主任から諸連絡、文化祭実行委員長の話、情報処理部によるBYODネットワーク利用設定などを行いました。以下に校長講話を掲載します。

〇3学期が終了。この三ヶ月はどうだったか。目の前の皆さんの表情を見ながら話せるとよいのですが、今回はZoom。
〇感染防止対策を徹底することで学校等の教育活動が認められ、部活動も段階的に活動が再開された。定められたルールを厳守し、それぞれの部活動で頑張っていただきたい。この状況だからこそ、自分たちで練習内容や方法を考えて変えてもいいのでは。
〇感染拡大防止のためにお願い。「規則正しい生活習慣の徹底(日々の体調管理も含めて)」「手洗いの徹底と適切な換気・保湿、そしてマスクの着用」「不要不急の外出や生徒同士の会食等の自粛」
〇不安にかられたり、自信を無くしたりせずに、地面にしっかりと足をつけ、やるべきことをやる。4月から良い新年度がスタートできるよう、自分を律していこう。
〇「スタンフォードの自分を変える教室」の一部を紹介。「意志力を磨けば、人生が変わる」→あなたの意志は強いですか。科学の目からみると、意志力は進化によって得た能力、人間誰もが持っている本能、脳と体で起きている現象を対応させる能力。
〇意志力のもとは「やる力」「やらない力」「望む力」。意志力はこの3つの力を駆使して目標を達成する(トラブルを回避する)力。脳、前頭前皮質を鍛えるとよい。
〇鍛える方法の一つに「呼吸に意識を集中する瞑想」。①動かずにじっと座る。椅子に座り足の裏を床にぴったりつける、クッションのうえであぐらをかく→背筋を伸ばし、両手を膝の上に置く。そわそわしない。②呼吸に意識を集中する。目を閉じるか、どこか一点を見つめる。呼吸に意識を集中させ、息を吸いながら心の中で「吸って」と言い、今度は息を吐きながら「吐いて」と言う。気が散りだしたら、また意識を呼吸に戻す。③呼吸している時の感覚をつかみ、気が散り始めたら再び意識する。数分経ったら、心の中の「吸って」「吐いて」ということをやめる。呼吸をしているという感覚だけに集中。始めは1日5分からでいい。この訓練の効果は、目標から離れかけた自分に気づき、再び目標に向かわせる力を生む。
〇呼吸を遅らせれば自制心を発揮できる。呼吸のペースを1分間に4回から6回までに抑えること。これだと10秒から15秒でひと呼吸。まず、ゆっくりと息を遅く吐く。口をすぼめてストローから吐き出す感じ。完全に吐いたら、たっぷりと息を吸う。1分間に12回以下になれば効果が出る。この練習を定期的に行うとストレスに強くなり意志力の保有量も増える。
〇意志力のトレーニングの失敗は、「脳と体が自己コントロールに適さない状態にある」から。心配ごとがあるとか、勉強しすぎて疲れているなどといった心や体のストレスこそ、自分をコントロールすることへの敵。「心と体の状態を整えること」が、自分を引き出すエネルギーとなる。
〇コロナ禍でも新たな動き。BYOD。学校内で通信料を気にせず、授業等での携帯利用が可能になる。
〇先輩たちも胸を張って卒業。皆さんにはそれぞれ次のステージ。この春休みを有意義に。4月からはそれぞれ学年が上がり、後輩が希望を持って入学。あたたかく迎えるとともに、96年目となる松山女子のチームワークを強めて。皆さん一人一人が松山女子高校の生活でやるべきことを再確認し、新たな希望を胸に4月に集まってくれることを期待。

 

0

表彰式・薬物乱用防止教育

 3月23日(火)体育館にて、表彰式・薬物乱用防止教育を実施しました。感染症拡大防止のため、2年生は体育館、1年生は教室でおこないました。薬物乱用防止教育では県保健医療部薬務課 新井 直樹 様をお招きし、講義していただきました。表彰を受けた生徒の皆さん、おめでとうございます。

部活動/大会名/実績/生徒
書道部/第73回 埼玉県書きぞめ中央審査会/埼玉県書写書道教育連盟賞/加藤菜那、長谷部香菜
                    /推薦賞/落合姫菜華、田島あかな、奈良百音花、牧田想
                    /特選賞/庄司舞香/岡村有香/増田朱莉/山本渚月
   /第29回国際高校生選抜書展/秀作賞/岡村有香
                /入選/奈良百音花/長谷部香菜/新井咲穂/増田朱莉/本田結菜
                /牧田想/久保田梨絵/柴田陽菜/鈴木美優香/岡野由季/山本渚月
   /北関東地区優秀賞 
水泳部/令和2年度高等学校47都道府県通信水泳競技大会/エントリー証明書
                           /女子400m自由形・ 女子800m自由形/公地 七海
ソフトテニス部/埼玉県高等学校ソフトテニスインドア大会兼第46回関東高等学校選抜大会埼玉県予選会
       /女子の部第3位/小川莉望華/ 小峯彩花/ 町田若菜/ 佐藤姫菜
               /大久保南波/ 相良夏海/ 市川佳歩/ 大倉野琴愛
放送部/第15回映画甲子園/秀作
ビブリオ/日高市立図書館ビブリオバトル・冬の陣/champ・book/赤羽菜々

0

入学許可候補者説明会

 3月19日(金)10時から本校体育館にて、入学許可候補者説明会を実施しました。感染症拡大防止のため、2部制で実施し、教頭より挨拶、生徒指導部長より学校生活について、事務室長より事務連絡、PTA会長より新理事選出について、進路指導主事より希望者への特進クラスの話があり、教科書販売、体育着採寸・上履き販売、制服採寸などを行いました。今年度は少しでも松女の部活動の魅力を紹介できればと部活動の活動状況を体育館の壁に掲示しました。新入生の皆さん、4月の入学式に向けて、体調管理をお願いします。

0

無事に 卒業証書授与式 終了

第73回卒業生の皆さんへ

 ご卒業おめでとうございます。この後の配信のため呼名に時間がかかりましたが、全体として本当に良い卒業式だったと感じています。式辞で伝えたように、まずお世話になった多くの方々へ素直に感謝の気持ちを伝えてもらいたいと思います。また、はなむけの言葉として送った「自分の可能性を信じて努力を継続すること」と「主体性を磨くこと」、心にとめてもらえれば幸いです。松山女子高校で学んだことを活かし、皆さん自身の未来を切り拓いていってください。ご活躍を祈っております。

卒業生保護者の皆様へ

 卒業式を無事に終えることができました。呼名の様子は各ご家庭で御視聴いただければ幸いです。これまでお子様を支えてくださいました保護者の皆様には、本日の卒業を迎えられましたことに心からお祝いを申し上げます。直接お伝えできず大変心苦しいのですが、本校の教育活動の充実・発展のために、様々な面でご理解とご協力を賜りましたことに、深く感謝申し上げます。

在校生の皆さんへ
 先輩方の卒業式が無事に終わりました。これからは、この先輩方からバトンを受け取り、皆さんが中心となって本校を背負っていかなければなりません。本校は創立百年に向けて動き出しています。先輩の築いてきた素晴らしい実績や伝統を受け継ぎ、さらに発展させることが、在校生のつとめです。一人一人がそのことを自覚し、志を高く持ち、日々怠らず努力を重ねてください。
 また、現在コロナウィルス感染症の拡大防止のため、制約の中で学校生活をお願いしているところですが、しっかりと自分で生活のリズムをつくり、新学年がスタートできるように自己管理していきましょう。

 

0

PTA新旧本部・運営会議

 2月20日(土)14時からPTA新旧本部・運営会議をZoomで開催しました。令和2年度年間事業についての報告があり、令和3年度年間事業計画について協議しました。30名以上の理事の皆様に参加していただき、無事に会議を終了することができました。ありがとうございました。

0

雨のち晴れ

 2月15日(月)朝から冷たい雨が降っていましたが、夕方には雨も止み、キレイな虹が出ていました。虹がなぜできるのかは、太陽の光が空気中の水滴によって屈折、反射されるときに、水滴がプリズムの役割をするため、光が分解されて七色の帯に見えるからだそうです。先生方も職員室や廊下など色々な場所から虹を鑑賞していました。

0

職員研修会2

 2月12日(金)15:50から各教室にて職員研修会を実施しました。先生方が7つのグループに分かれて、前回の職員研修会にて多くの先生方から意見のあった議題について協議しました。どのグループも松女が将来、魅力ある学校になるように話し合いました。

0

保健委員会活動報告

 2月4日(木)5,6限、体育館にて、保健委員会活動報告を実施しました。例年は学校医の松山先生を招いて講話をしていただき、PTAの皆様や松山高校の生徒の皆さんを迎えて学校保健委員会を実施していました。今年度はコロナ禍ということで本校生徒及び教職員のみで実施し、「感染症予防に関するアンケート調査のまとめと考察」について、1、2年の保健委員から報告がありました。以下に本校学校医 松山クリニック 松山 眞記子 先生の言葉を記します。

若い貴女達へのお願い
 貴女達は感染しても無症状の場合がほとんどです。ですが、知らず知らずのうちに周りの人々に感染させているかもしれません。貴女の大事な両親・祖父母・友人・恋人を危険な状況にしてしまうかもしれないのです。大丈夫だと過信しないで、行動に責任を持ってください。会話するときはマスクを!たとえ家の中でも、高齢者や基礎疾患のある方と一緒の時はマスクの着用をお願いします。

0

総合的な探究の時間

 2月4日(木)5限、1年各教室にて、総合的な探究の時間として「探究テーマに関する問い出しWS」を実施しました。前回獲得した、探究テーマと自分の接続内容を踏まえ、テーマに関する問いを作成するもので、各クラスにあるプロジェクターにてZoomを使って説明し、各クラスの担任・副担が机間巡視をしながらフォローしていました。

0