松女Topics

「思春期の生と性」  

 保健講話 「思春期の生と性」  

 118()56時間に保健講話として深谷赤十字病院の看護師長さんである丸岡希美子先生を講師に招いて、「思春期の生と性」と題したご講演をいただきました。

 丸岡先生は、看護師 助産師 思春期保健相談士としてマルチにご活躍され、本日の講演のように思春期に関する様々な問題に対する啓発活動に精力的に取り組んでいます。

 松女生の皆さんは、思春期保健相談士という仕事を聞いたことはあるのでしょうか。看護師志望の多い、松女生であるならば、是非知っておいてほしいものです。

 子どもから大人への過度期である思春期は、体の急激な変化とともに精神的にも不安定になりやすい時期。さまざまな問題に悩み苦しむことも少なくありません。思春期保健相談士とは、そのような思春期の子どもたちをサポートするカウンセラーのことをいうのです。

 私が以前勤務していた県立小児医療センター内においても子どもたちをより理解する手立てとして多くの看護師さんたちが思春期セミナーの研修会を受けていました。

  性的情報の氾濫する現代社会において,性に関する正しい理解を基盤に,身体的な成熟に伴う性的な発達に対応し,適切な行動がとれるようにならなければなりません。

 本日の講演を通して、自己の行動に責任をもって生きることの大切さや,人間尊重の精神に基づく男女相互の望ましい人間関係の在り方をしっかりと学びんでほしいと思います。