松女Topics

2018年3月の記事一覧

ペルーソフトボールチームとお別れです!!

  日本とペルーの本当に楽しい交流でした。
 
  3/23(金)から東松山市に滞在していたペルーソフトボールU-15代表チーム「AELU」は、26日(月)午前松女を離れ、大阪に移動していきました。今後は、大阪で都道府県中学選抜大会視察、名古屋で日本リーグ開幕戦視察、そして関東にもどり東京ディズニーランド観光と忙しく日本での日程をこなしていくとのことでした。

  
     満開の桜の木の下で記念撮影             本校ソフトボール部員による見送り
 

0

ペルーソフトボールU-15代表チーム 来校2日目

  交流戦開幕セレモニー

  3月24日、東松山市長 森田光一様も来校され、盛大に交流戦開幕セレモニーが開催されました。いよいよグラウンドで交流大会、本校校長による始球式の後、ペルーソフトボールU-15代表チーム「AELU」は深谷市立幡羅中学校と対戦。その後、埼玉中学校選抜、松山女子高校と対戦しました。 

   
  東松山ゆるきゃら「まっくん」と「あゆみん」    日本一の本校音楽部が校歌とペルー国歌       本校校長による歓迎のあいさつ
  がお出迎え                    を合唱披露


   
  東松山市長による歓迎のあいさつ             ペルー選手団のお礼のことば            書道部パフォーマンスの後、写真撮影

   
    いよいよ交流戦開始(幡羅中と)           本校校長による始球式                ナイスピッチング!!

  
      陽気なAELUの選手たち           松女も対戦しました(松女の勝利)
0

ペルーソフトボールU-15代表チーム 来校

   2018 国際親善ソフトボール交流大会 in 東松山
  
 3月23日、ペルーから松山女子高校に、ソフトボールU-15代表チームが来校しました。ペルーソフトボールU-15代表チームのコーチを務めているのは、本校の元体育教員の西村一哉氏。西村氏は今、海外青年協力隊(JICA)の一員として、ペルーでソフトボールを教えています。日本は過去のオリンピックでメダルを獲得しているソフトボールの強豪国、そんな日本でソフトボールを学びたいというペルーソフトボールU-15代表チームの願いで来日し、西村コーチとの縁で、本校松女で歓迎セレモニーと交流戦を行っています。

 《3/23 午後》
   
        茶道を体験するチームの選手たち                   チームを歓迎するダンスを披露する生徒会の生徒達と見学する選手、関係者      

   
   筝曲部の演奏を聴く選手たち                      空手道部の演武もありました                  お礼にペルーのダンスを披露してくれました

   
    本校生徒も交えてみんなでペルーダンス                     最後は書道体験                   なかなか苦戦しているようです
0

学年末表彰式開催!!

 《3学期も松女生は、活躍しました。》

 3月22日(木)、今日は学年末の表彰式が行われました。3学期も松女生は大活躍。運動部、文化部で、そして個人でも表彰されました。表彰者一覧は以下の通りです。

 ◆ 空手道部 平成29年度 埼玉県高等学校空手道選抜大会 一年生の部女子 第5位 西川 里奈
        平成29年度新人大会  女子団体組手 第3位 松山女子 、女子団体形 第4位 松山女子
        東松山市特別表彰  風間 怜実
  ◆ 水泳部  平成29年度北部支部高等学校水泳競技大会
  50m平泳ぎ 1位 五十嵐 紗英  100m平泳ぎ 3位 五十嵐 紗英  50mバタフライ 2位 石﨑 美優  100mバタフライ 3位 石﨑 美優
   200m自由形 3位 上野 詩歩  100m背泳ぎ 3位 千代田 美伊  200m背泳ぎ 2位 千代田 美伊  50mバタフライ 1位 濱崎 奈津香
   200m個人メドレー 1位 濱崎 奈津香  100m平泳ぎ 2位 林 茉耶  200m平泳ぎ 2位 林 茉耶  200m平泳ぎ 3位 南 なぎさ
   50m背泳ぎ 1位 荻野 紗良  100m平泳ぎ 1位 佐久間 一実  200m平泳ぎ 1位 佐久間 一実  100mバタフライ 2位 林 結月
   200mバタフライ 2位 林 結月  50mバタフライ 3位 藤倉 花蓮  50m背泳ぎ 3位 三友 紗希  100m背泳ぎ 2位 三友 紗希
   200mリレー 1位 濱崎  200mメドレーリレー 1位 濱崎  女子総合 1位 千代田・大久保 
   ◆ 百人一首 第31回東洋大学「現代学生百人一首」 入選  長尾 愛衣
 ◆ 卓球部 平成29年度埼玉県卓球新人大会北部地区予選女子ダブルス 第3位 若山 ありさ   綱川 知実   
 ◆ バドミントン部 平成29年度埼玉県北部支部バドミントン大会女子学校対抗 第3位 松山女子高校
 ◆ 吹奏楽部 第31回東松山アンサンブルコンテスト サキソフォン三重奏 銅賞 松山女子高校
   ◆ 音楽部 東京 春のコーラスコンテスト2018 高等学校の部 金賞 第1位 
         東京 春のコーラスコンテスト2018 高等学校の部 女声1位 
         第7回ヴォーカルアンサンブルコンテスト 高等学校部門 金賞 
         第29回埼玉ヴォーカルアンサンブルコンテスト 高等学校の部 金賞 音楽部A  高等学校の部 金賞 音楽部B
 ◆ 書道部 第26回国際高校生選抜書展 秀作賞 佐藤 利織   山本 彩由
         入選  岡部 結衣   田村 菜摘   栗山 愛海   松本 香澄   外薗 杏里   久下 華   鈴木 眞緒
         第70回記念埼玉県書きぞめ展覧会 埼玉県書写書道教育連盟賞 山本 彩由
         推薦賞 田村 菜摘   松本 香澄  特選賞 三谷 有沙   佐藤 利織   石橋 美羽
                              松本 里佳   島田 雪   井手口 果未  山脇 菜々花
 ◆ 陸上競技部 第85回埼玉県駅伝競走大会 
   一般・高校女子の部 第10位 矢部 志織   荻野 真夕   鈴木 里帆   齊藤 茜   染野 朋花
 ◆ 選挙ポスター 平成29年度明るい選挙啓発ポスター 特選 宮根 愛恵

   
   
  
 
 

0

学びみらいPASS

 学びみらいPASS 

 ~  未来に必要な力を伸ばそう ~

 319()、1年生特進クラスの生徒たちを対象に、河合塾と連携した「学びPASS」の授業を行いました。この「学びみらいPASS」とは、各アセスメントテストの振り返りを行い、生徒の可能性を可視化するとともにこれからの時代に求められる"チカラ"を身につけようとするプログラムです
 学校
の勉強はとても大切です。しかし、産業構造が大きく変化する今、勉強ができるだけでは十分ではないのです。社会で求められる力は知識の習得や決められた正解にたどりつく力だけではなくなってきています。知識をもとに、新たな問題を解決する力や、主体的に働きかける姿勢、周囲の人たちと協働で取り組む姿勢が求められています。また、先々を見越して自身をどう成長させていくかを考え、学び続ける姿勢を身につけることもとても重要となってきています。

 この「学びみらいPASS」は、いま社会で求められているこのような「新しい学力」を多面的に測定するアセスメントテストです。今回の振り返り授業では、今までに実施したアセスメントテストの振り返りを中心に専門のファシリテーターによる指導のもとで行われました。

 ファシリテーターによる軽妙な授業展開の中で、生徒たちは自身のアセスメントの結果をもとに、自身の能力・興味・関心・適性等々について意欲的に楽しみながら認識を深めていった様子でした。リテラシーやコンピテンシーといった聞きなれない能力要素も、自身の性格や能力と比較して自分のものにしていけたのではないかと思います。

 これからの社会を見据えて、生徒自身が伸ばしたい学力とは何か?自身として見直しておきたい習慣は? 気持ちは? 考えは? こうした自身への問いかけは、今後の松女生の成長に欠かすことはできません。今日の授業をしっかりと自分のものにすることで、さらなる飛躍を楽しみにしています。

 ちなみに、この「学びみらいPASS」で行われるアセスメントテストについて以下通り補足します。こうしたアセスメントを専門的なファシリテーターとの振り返りや担任との面談等を通じて、生徒一人ひとりの成長及び能力の伸長が図られるのです。

PROG-H:社会で求められる「汎用的な能力(ジェネリックスキル)」を測定するテスト。現実的な場面を想定して作成されており、「知識を活用して問題を解決する力(リテラシー)」と「人と自分にベストな関係をもたらそうとする力(コンピテンシー)」を測定します

Kei-SAT:教科学力のスコアを段階評価に換算して提示。、学力伸長を正確に把握できます。英語・数学・日本語の学力を、全学年共通の学力指標であるスコア(100700)で算出し、7段階で評価します。高校生として身につけるべき教科学力の到達度を確認することができます。

LEADS:日ごろの学習習慣や生活リズムのセルフチェック。友人関係、進学意識についても現状把握し、キャリア意識向上に活かすことができます。

R-CAP:社会で活躍する社会人・学生約3万人の「興味・価値観・志向」に関するデータをもとに診断。興味志向の特徴をベースに、「キミのタイプ」「職業適性」「学問適性」などの領域で診断結果を表すもので客観的に自身を知る手がかりになると同時に、キャリア意識・進路意欲を高める機会となります。
 このように、松女では民間の教育機関との連携に基づく進路指導・キャリアガイダンスにも力を入れています。

0