松女Topics

2018年11月の記事一覧

【子ども大学ベアりす☆ひがしまつやま】

 子ども大学ベアりすひがしまつやま開講 
 
生涯学習を担う未来人材育成プロジェクト~

 1125()松山女子高校書道室にて、「子ども大学ベアりすひがしまつやま」が開講されました。子ども大学とは、平成14年にドイツで始まったもので、平成213月に、日本で初めて「子ども大学かわごえ」が誕生しました。埼玉県教育委員会では、この取組をモデルとして、平成22年度から子ども大学の開校を推進し、平成28年度には県内全域に広がり、子供たちがいずれかの子ども大学に参加できるようになっているのです。

 「子ども大学ベアりすひがしまつやま」は、今年から始まった埼玉県生涯学習推進課の新規事業で、立正大学及び東松山市と連携して障害のある子どもたちを対象として、子どもたちの知的好奇心を刺激するとともに、生涯学習への動機づけをねらいとしています。

 今回は第3回目「はてな学」として書道体験、「世界に一つだけの色紙」作成に取り組みました。受講者の皆さんも冒頭に行われた松女書道部のパフォーマンスに圧倒された感もありましたが、色紙作成においては皆味のある字で見事に世界に一つだけの色紙を作り上げていました。無邪気に、そして純粋に書に取り組む受講生の皆さんの姿勢にとても感動しました。もっともっと、時間があれば松女のお姉さんたちといろいろな交流ができたのかなぁ是非またかの機会に松女に遊びに来てください。待っています!

 最後に、今回の企画運営にあたられた県教育委委員の皆様、立正大学の皆様そしてボランティアの皆様、大変お世話になりました。生徒たちも今回の企画運営にかかわることで、たくさんの子どもたちとこうした素晴らしい交流体験を行うことができました。こうした体験の積み重ねによって生徒たちさらに成長するものと感謝しています。

0

地域100人 「男子会×女子会」

地域100人 「男子会×女子会」 

  学生と市民の男女共同参画ワールドカフェ~

 1117()15:00から大東文化大学にて、東松山市教育委員会主催共生セミナー地域100人 「男子会×女子会」 ~学生と市民の男女共同参画ワールドカフェ イン 東松山が開かれました。

 昨年に続き、この共生セミナーに、わが「凛とした松女生」の猛者?たちが参加し、近隣の大学生や市民の方々と本音トークを行いました

 まずは、専門講座として男女共同参画社会についての講義。ここでは、男女共同参画社会、ダイバーシティ、インクルージョンなどについて知ることが大切です。そして、人それぞれの考え方の違いや共通点があることに気づいてほしい。その中で、社会と自分とのつながりを考え、自分にできることを見つけていくことが必要だと思います。

 続いて、高校生や大学生そして多くの市民とともに本音トーク。自己紹介から始まり、将来の「生き方」や「働き方」「暮らし方」などについて語り合いました。

 ちなみに、ワールドカフェとは、カフェのようにくつろいだ雰囲気の中、小グループで席替えを繰り返しながら議論を深める話し合いの手法です。そのため、たくさんの参加者とざっくばらんに意見交換をすることができるのです。参加した松女生たちに聞いてみたのですが、今日初めて会ったいろいろな人と本音で話ができてとても良かったと言っていました。

 この日のトーク会は、大東文化大学5号館のホール、何とも雰囲気のいいホールで進行役のファシリテーターは、東松山市人権推進課の方。しっとりとした口調で独特のワールドを築いていました。

 今回参加した松女生の皆さん。女性の自立とは? 凛とした女性とは? どのようなことなのでしょう。世界の中で、日本は世界経済フォーラムによるジェンダーギャップ指数は残念ながら2016年、144か国中111位。自分自身が気づいていないものの見方やとらえ方のゆがみや偏り。いわゆるアンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)といわれる思い込みや配慮が自らの「挑戦」と「成長」の可能性をつぶしていませんか?

 いずれにしても、しっとりとした雰囲気あふれる今回のトーク会。大人の女性を気どった松女生のひと時を感じました。参加した生徒会の皆さん、お疲れさました。


0

学校共同参画セミナー(第二回学校評価懇話会)

 学校共同参画セミナー (第二回 学校評価懇話会)

 ~ 保護者と生徒そして地域の方々とのコラボ企画 

 1116()学校評議員会が終わったのちに、昨年に引き続き学校評価懇話会として、学校共同参画セミナーとして女子会トークをワールドカフェ方式で実施しました。

 今年は、1,2年各クラスのHR委員16名に保護者9名、地域及び評議員の方々6名、それに教員6名も参加して賑やかに開催いたしました。

 国立女性教育会館のファシリテーターによる進行のもとアイスブレークから始まり、第一セッションは、「松女・松女生のいいところ」、第二セッションでは、各グループごとに分かれて「松女・松女生の弱点」について、そして第三セッションでは元のランダムなグループに戻って「松女・松女生をよりよく変えるためには?(自分ができること)」について話し合いを行いました。

 昨年に引き続いたこの企画。今回は場所を被服室に変えて総勢40名が臨場感たっぷりに話し合いができたように思います。

礼儀正しい ・挨拶がよくできる ・気配りができる ・身だしなみがよい ・清楚等々 他にもたくさんありましたが、こうしたいわゆる松女生イメージは誰がというわけでなくほとんどの参加者の間で共通する松女生のイメージでした。

 最後に、今すぐにでも、明日からでも自分ができること。それを自身への誓いの言葉として皆の前で発表してもらいました

 全体として参加された方々が楽しそうに話し合うことができたように思います。今後も、今回の検証を踏まえてさらにグレードアップした共同参画セミナーを企画していきたいと思います。ご多用の中ご参加いただきました各委員の方々ありがとうございました。 


0

青鳥小学校との交流事業

 異校種交流~青鳥小学校との交流事業~

 今年も119()に青鳥小学校との交流事業が行われました。この事業は、小学生の教育活動に関わることを通して、社会参加意識やボランティアを高めるともに異年齢理解を深め、地域に開かれた学校づくり推進すること を深め、地域に開かれた学校づくり推進することを深め、地域に開かれた学校づくり推進することをねらいとした事業です。

 はじめはどの生徒も緊張した表情でしたが、子どもたちの明るく元気な姿にあっというまに打ち解けるこができたようです。児童との交流活動や担任の先生のお手伝い、はたまた構内の清掃活動等々。学校という場所、そして学校における教育活動の多様な内容について少しは実感できたのではないでしょうか。

 これから、教育・保育の道を目指す松女生諸君へ、埼玉の子どもたちを大切に育てていってください。大変お疲れさました。

 最後になりますが、たくさんの松女生をこの忙しい中交流活動として受け入れていただきました青鳥小学校の校長先生をはじめとする教職員の皆さん、本当にありがとうございました。これからも、よろしくお願いいたします。


0

28th 武蔵丘祭

 28th 武蔵丘祭 

 「吉見大作戦2018 ~地元の魅力を感じ祭~

 今年で28回目となる武蔵丘祭が開催されました。今年のテーマは「吉見大作戦2018」  ~地元の魅力を感じ祭~です。

 これは、武蔵丘短大がある場所の素晴らしさを来校された皆さんに様々なイベントを通して感じ味わってもらいたいという願いを込めたテーマのようです。

 昨年に引き続き今年も、わが松女書道部が招待されパフォーマンスを披露しました。さすがに1,2年生のパフォーマンスも堂々としたもので、そのクオリティと1年生部員の多さに、一緒に見ていた川合学長も驚いていました。また、本日は、大東文化大学などで講師を務めている書家の川合広太郎氏も参観され、川合氏直々に講評をいただきました

 終了後には、保護者の方々も含めた全員で記念写真をとるなど終始和やかな雰囲気の中で無事パフォーマンスも終了しました。

 毎週のように続くイベント出演で体調管理も大変かと思いますが、そこは体育会松女書道部?として今後も素晴らしいパフォーマンスをお願いしたいと思います。

 最後に、保護者の方々もお手伝い等々で大変ですが、皆さんのサポートあってのパフォーマンスですので、これからもよろしくお願いいたします。 


0